ガード付きラバージグの側面写真

ラバージグ特集!バス釣りの人気アイテムは海のロックフィッシュゲームにもおすすめ

FISHING JAPAN 編集部

ラバージグとは、タングステンや鉛を用いた適度な重さのあるジグヘッドに、ファインラバーやシリコンラバーを複数本巻き付けた、バス釣り専用のルアーとして有名です。

そのまま水中に入れて沈めると、ボトムでラバーが花開いたように広がりますよ。

その状態から急に引っ張ると、全てのラバーが引き寄せられて、一瞬でボリュームが細く小さくなります。

この変化が、ラバージグ最大の強みなのです。

そばで見ていたバスは、変化の瞬間リアクションバイトしますし、海のロックフィッシュゲームにおいて、カサゴやアコウ・ソイ。アイナメなども食い付いてきますよ。

トレーラーにワームやポークを装着すれば、より一層生命感溢れるルアーに仕上げることができます。

一瞬でボリュームが変わるラバージグはバイトトリガーそのもの

ラバージグのスカートは、釣り人が加えるアクションによって、全体像=シルエットに変化を与える要素となります。

バスからすれば、確定していたラバージグのボリューム感がいきなり変わりますから、びっくりしてしまうのです。

そしてラバージグに対する興味のレベルが、一段アップするわけですね。

「こいつはいったいナニモノなんだろう?」

バスの捕食対象の中に、自分自身のボリュームを変えてしまうような生き物が存在するはずがありません。

もしかすると未知の敵対生物で、テリトリーを侵しに来たのかもしれない!と判断すれば、攻撃すべき対象に切り換わる可能性も出てきます。

そのときのバスは、怒りに満ち溢れているでしょう。

ラバージグで釣りをしていると、まるでひったくって行ったかのような、強烈なバイトに襲われるケースがありますが、まさにそれはバスの怒りによるものかもしれません。

ラバージグにトレーラーを装着!

ラバージグが他のルアーと比べても、刺激要素に富んだ存在であることがお分かりいただけたでしょうか。

バスのバイトを誘発するきっかけ=バイトトリガーだといわれる理由は、ここにあります。

そしてそのボディにトレーラーとしてワームを装着すれば、より一層生き物に見えるでしょう。

例えば、シャットテール系ワームをトレーラーにした場合。

テール部分がピロピロと細かく振動し始めるので、前方に付いているスカートまでも振動するようになります。

カーリーテール系ワームなら、その振動がもっと強いものに切り換わって、遠くにいるバスすらも引き寄せる効果が発生しますよ。

ワームをトレーラーにした場合のラバージグの水中アクション動画

トレーラーは、ワームばかりではありません。

豚の皮や脂身を乾燥させて作ったポークリンドは、ラバージグに格好のトレーラーです。

その強い浮力によって、ボトムに落ちたラバージグを立たせることができますし、硬いロッドでアクションを加えれば、エビなどの甲殻類が跳ね回る様子を再現できるでしょう。

最近ではあまり釣具店ら並んでいるのを見たことがありませんが、ポークの歴史はとても古く、オールドルアーで有名なヘドンも、一時期製作していたようです。

おすすめのラバージグ①エバーグリーン・リアクションフットボール

おすすめのラバージグをご紹介しましょう。

まずはエバーグリーンのリアクションフットボールで、これはディープゾーンを効率よく探るためのスペックを搭載しています。

根掛かりしにくいヘッド形状にガード付きですから、大胆に攻めてディープの地形変化をとらえてみてください。

ジグの中ではスイングでリアクション向き スイングからテンションを抜いた時の(すっと頭を下げる)フォールの姿勢変化の速さに優れています。秋、マッチザベイト的に使用しています。

出典:アマゾン

おすすめのラバージグ②ケイテック・ラバージグモデル1

ケイテックのラバージグ・モデル1は、ヘッド形状を絞り込んだアーキーヘッドタイプです。

カバーのすり抜け能力に優れていて、ガードがハリ先を守ってくれますよ。

コンパクトにまとめられたボリュームなので、バスの口の中にスッポリ入りやすくなっています。

おすすめのラバージグ③デプス・フラットバックジグ

ヘビーカバーを直撃するなら、このデプス・フラットバックジグをおすすめします。

剛性強めのガードが付いているので、かなり濃いカバーの中へでも放り込むことが可能です。

ただし、しっかりとフッキングを決めるためには、ミディアムヘビーからエキストラヘビーのベイトタックルで操る必要があるでしょう。

ラバージグを自作してみよう!

ラバージグを自作して、バス釣りはもちろん海のロックフィッシュゲームに使っているアングラーがいます。

ボトムの変化やカバー周りを攻めるルアーですから、引っ掛けてロストしてしまうケースが多く、自作で足りない分をカバーしているとのこと。

また自作のほうが、スカートの量や長さを自由に決められるので、メリットは大きいという人もいますね。

ヘッドの重さを変えながら、スカートのカラーや量も自分好みにしつつ、自作ラバージグの製作に当たってみるのも楽しいでしょう。

ラバージグの自作方法をレクチャーしている動画

最初はなかなか上手く作ることができませんが、気にせずたくさんのラバージグを自作してみてください。

そのうちにラバーの巻き付け方や力の入れ具合が分かってきて、理想的な形状・仕上がりのラバージグが完成するでしょう。

自作することで愛着も湧きますから、丁寧なキャストやアプローチを実践できるようになります。

それが釣果にもつながってくるはずですよ。

ラバージグを使いこなしてボトム周辺に潜む魚をとらえよう!

ラバージグは、シンキングタイプのルアーですから、常にボトムと接触しながらバスやロックフィッシュなどを誘うことになります。

根掛かりしないためのガードは付いていますが、100パーセント回避できるものではありません、

そこはラバージグを操るアングラーが、自らの感度や操作スキルをアップして、トラブルを避けられるように努めなければならないのです。

根掛かりを怖れずにボトムの変化をなぞりながら、ビッグサイズの魚をゲットしてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング