ルアー 写真

ダウンディープ ハスキージャークに2019年追加サイズ・14センチが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ラパラジャパンから発売中のダウンディープ ハスキージャークに、2019年新たなサイズ・14センチモデルが追加されます。

ロングビルリップを搭載し、深い層を直撃できるルアーとして人気が高いですよね。

その特徴やデモンストレーション動画をピックアップしてみました。

ダウンディープ ハスキージャークってどんなルアーなの?

ダウンディープ ハスキージャークは、ロングビルリップを装備したミノープラグです。

既存モデルのサイズは、10センチと12センチ。

今回追加になるのは、14センチ・23グラムのモデルです。

ダウンディープ ハスキージャークはプラスチックボディ

このルアーは、ラパラ得意のバルサ材ボディではありません。

素材にプラスチックを採用して、リップ接合部の一体成型で贅肉を削ぎ落としています。

また、サスペンド=浮きもせず沈みもしない仕様に出来たのも、木材のムラを排除したプラスチック素材採用のメリットといえるでしょう。

オールシーズン使えるサスペンド仕様

ダウンディープ ハスキージャークは、オールシーズン活用できますが、低水温期により高い効果を発揮します。

サスペンド仕様なので、活性の落ちた魚の目の前に、ルアーを留め置くことができるのです。

バイトを誘発するためにも、中層にステイさせるアプローチを身につけましょう。

ラトルを内蔵

このルアーには、ラトルが内蔵されています。

この音によって魚に存在を気づかせ、引き寄せることが可能になります。

ジャークやトゥイッチを繰り返しながら、ときおり音を発生させるように使ってみましょう。

ダウンディープ ハスキージャークの14センチモデルには、合計11種類のカラーが用意されています。

潜行深度は3.0メートルから6.0メートルとなっており、かなり深い層まで送り込むことができますよ。

2019年の9月にリリース予定、これまで獲れなかったディープのビッグバスをゲットできるかもしれませんね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング