枝 水面 写真

枝が水面に突き刺さっているカバーを攻略!おすすめルアーはすり抜け系トッププラグ

FISHING JAPAN 編集部

折れた木がぶら下がって、枝が水面に突き刺さっている状態です。

強い風を伴なった荒天や台風の後は、こういうケースをあちこちで見かけますが、それまで存在しなかった新しいカバーですから、バスが付いているかもしれませんよ。

複雑な枝の中をどんなふうに攻めればいいか、検証してみましょう。

枝の外側から攻めてみる

まずは突き刺さった枝の外側を、ルアーでトレースしてみます。

活性の高いバスが潜んでいれば、飛び出して食い付いてくれるでしょう。

でもそういうバイトは稀で、連投しても反応がない場合がほとんど。

やはり枝の中へルアーを投げ込まなければならないようです。

枝の中をテキサスリグで狙ってみたものの・・・

そこで思い付くのが、引っ掛かりにくいテキサスリグにセットしたワーム。

確かにスルリと枝の中に入ってくれますが、重さがあるぶんすぐに枝から離れて沈んでしまいます。

枝が底から伸びていればこのままでもいいのですが、上方からぶら下がっている状態なので、沈むルアーはカバーからどんどん遠ざかってしまうことに。

これでは釣れる確率は、下がる一方でしょう。

水面に浮かぶトッププラグで再度アプローチ

そこで次の一手は、水面に浮かぶフローティングのトップウォータープラグです。

キャストして枝の中へ届けようとすれば、複雑なパーツが付いていないシンプルなタイプが好ましいでしょう。

となると、羽根モノや回転ペラの付いたスイッシャーは避けたほうが良さそうですね。

HEDDON(ヘドン) ルアー ザラスプークX9255XBW

HEDDON(ヘドン) ルアー ザラスプークX9255XBW

参考価格:¥1,728

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

おすすめはシンプルなペンシルベイト

おすすめは、シンプルでスリムなデザインのペンシルベイトです。

軽過ぎると枝に当たった際に跳ね返されてしまうので、15グラム以上の重さのあるものを選びます。

ふわりと投げ込むのではなく、弾道低く鋭く、枝の中に突き刺さるようにキャストしてみてください。

しっかりとサミングをかけて着水させ、その後は枝に絡む原因となる首振りアクションは抑え気味にして、ひたすら枝に当たっては押し戻されるアクションを繰り返しましょう。

時間をじゅうぶんにかけながら、バスのバイトを待ち続ける忍耐力も必要です。

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン スーパースプークJr. 3-1/2 8.89cm 1/2oz 17.0g スペクルド トラウト #ST ルアー

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン スーパースプークJr. 3-1/2 8.89cm 1/2oz 17.0g スペクルド トラウト #ST ルアー

参考価格:¥1,728

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング