ジグ 写真

オシア スティンガーバタフライ ウイングに2019年追加カラーが5種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされているオシア スティンガーバタフライ ウイングに、2019年追加カラーが5種類登場します。

スロージギングを実践するのに適したジグで、大型ロックフィッシュを狙ってみましょう。

その特徴や解説動画をピックアップしてみました。

オシア スティンガーバタフライ ウイングってどんなメタルジグなの?

オシア スティンガーバタフライ ウイングは、オフショアのジギングで活用するための専用メタルジグです。

設定ウエイトは7種類、110グラム・135グラム・160グラム・200グラム・250グラム・300グラム・450グラムの中から選んでください。

潮流の強さや狙う層に合わせて使い分けると、効率よく魚にたどり着けるでしょう。

オシア スティンガーバタフライ ウイングは木の葉型ボディ

このメタルジグは、幅のあるデザインに仕上げられています。

フォールさせると水をつかむウイングを、ジグの腹部に設置していますよ。

やや後方重心にセッティングされていて、木の葉型のボディによるスロージギングに向いています。

スローやハイピッチのジャークに対応

オシア スティンガーバタフライ ウイングは、その重心の位置とウイングによる抵抗のバランスで、フォール中にブレーキが掛かるような動きを見せます。

それが絶妙なバイブレーションを起こし、魚を引き寄せるのです。

ボディ自体は薄くてスリムなヘッド形状ですから、スローやハイピッチのジャークに対応することができます。

ジグの表面は多面構造

このジグの表面は、多面構造を採用しています。

光の当たり方によってキラキラとフラッシングする効果が得られますよ。

ジグのアクションによる不規則な煌きが、魚の捕食本能にスイッチを入れるでしょう。

オシア スティンガーバタフライ ウイングには、5種類のカラーが追加されます。

●キョウリンアカキン

●メッキコパー

●キョウリンBP

●キョウリンムラギン

●キョウリンシルバー

2019年の9月に発売予定、底付近に居るアコウやソイ・クエなどをテリトリーから引き出して食わせたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング