錘 写真

釣りに使う錘(=オモリ)特集!どんな錘があるのかピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

釣りに使う錘=オモリには、数多くの種類があります。

仕掛けを遠くへ飛ばす役割や、ウキの下側に付けて立てる役割などがありますから、用途に合った錘を選んで、実釣に役立てなければなりません。

ということは、釣り方を熟知した上で錘選びをすることになるわけです。

釣り用錘の単位

釣り用の錘は、独特の単位で呼ばれることがあります。

「えっ、グラムやキロで重さを表すんじゃないの?」

ルアー用のシンカーなら、グラムやオンス表示のものがありますが、一般的な錘は、号で表すことが多いですね。

例えば、0.8号は3.00グラムと同等、1.0号は3.75グラムを表していますよ。

ガン玉錘は、Bが0.60グラム、2Bが0.80グラム。

割りビシの大なら0.90グラム、小なら0.40グラムに設定されています。

錘の種類に合わせて単位の呼び方が変わるのはなかなか面倒ですが、覚えるしかありませんよ。

釣りに使う錘の種類①ガン玉

釣りに使う錘を種類別にご紹介しましょう。

まずは、ガン玉。

これは小粒で割れている錘で、ハリスや仕掛けを挟んで重さを付加するタイプです。

特にウキ釣りでの微調整に重宝しますよ。

第一精工 ガン玉50円 B

第一精工 ガン玉50円 B

参考価格:¥38

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りに使う錘の種類②割りビシ

こちらは、割りビシという錘です。

ガン玉よりもボリュームのある形状になっていて、簡易的なジグヘッドの製作にも用いられます。

重めの負荷をかけたいときに便利ですから、深場や潮の流れの強い釣り場で、仕掛けに装着してみましょう。

第一精工 割ビシセット

第一精工 割ビシセット

参考価格:¥108

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りに使う錘の種類③ナス型

こちらは、ナス型錘です。

主に仕掛けの先端部分に装着して、遠投したいときに用います。

また底をしっかり取って、仕掛けの位置を安定させたいときにも便利でしょう。

根掛かりが少ない形状ですから、砂地はもちろん岩礁帯などでも積極的に攻めることが可能な錘です。

ただし、ひんぱんに根掛かるようになれば、錘の重さを軽めのものに換えてください。

第一精工 おもり パックオモリナス型 4号 釣り

第一精工 おもり パックオモリナス型 4号 釣り

参考価格:¥195

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りに使う錘の種類④中通し

これは錘の中心に穴の空いた、中通し錘です。

その穴に道糸などのラインを通して、その先に仕掛けやハリを結びます。

このまま水中に投入すれば、仕掛けやハリ部分が底から浮き上がって漂う状態になり、根掛かり回避や魚を誘う効果が見込めますよ。

第一精工 中通シオモリ 0.8号

第一精工 中通シオモリ 0.8号

参考価格:¥116

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング