ルアー 写真

鱒ノ種は2019年新発売のトラウト専用エッグ系ルアー!効率よくボトムを攻略

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売となる鱒ノ種は、トラウトゲームを楽しむための専用ルアーです。

フォール中からボトムまでのアタリをとらえて、管釣りマスターを目指しましょう。

その特徴を詳しくご紹介します。

鱒ノ種ってどんなルアーか知ってる?

鱒ノ種は、シンカーと浮力体を分離した、エッグ系ルアーです。

サイズ設定は2種類、小は直径10ミリ・1.5グラムで、中は12ミリ・2.1グラムとなっていますよ。

小振りでひと口サイズですから、アプローチしてからアタリを取るまでをスピーディーにおこなうことが可能です。

鱒ノ種はシンカーと浮力体が分離した構造

このルアーは、シンカー部分と浮力体が分離したセッティングになっています。

こうすることで、シンカーのみがボトムをとらえ、その真上で浮力体がユラユラを揺れることに。

自発的なアクションも見込めますから、トラウトが食い付く確率もアップするわけです。

使い方

鱒ノ種の使い方は、とてもカンタンです。

まずはキャストして着水してからボトムに到着するまで、フォール中のアタリをしっかり取るようにしましょう。

慣れない間はカーブフォールさせるほうが、アタリが分かりやすいかもしれませんね。

フォールからボトムのズル引き

フォール中にアタリがない場合、ボトムにステイさせたままでアタリを待ちます。

それでもトラウトが食い付かなければ、ロッドを立てながらルアーをズル引きしてみましょう。

リールハンドルを半回転させるだけでも、ズル引きは可能です。

ボトムからあまり離れないようにして、アタリを待ってください。

鱒ノ種には、全部で8種類のカラーがラインナップされています。

どれもエッグ系ルアーによく採用されているカラーですから、実績は高いでしょう。

2019年の10月に発売予定、ボトムの釣りをこのルアーでマスターしてみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング