ルアー 写真

鱒ノ小枝は2019年新発売のミミズアクションを再現するハードプラグ!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売される鱒ノ小枝は、まるでミミズがクネクネ泳ぐようなアクションを得意とするハードプラグです。

トラウトをターゲットにした管釣りゲームなどで活用しましょう。

その特徴を詳しくチェックしてみます。

鱒ノ小枝ってどんなルアーなの?

鱒ノ小枝は、トラウトゲームで使うためのハードプラグです。

サイズは全長60ミリで、自重1.4グラム。

かなり軽量ですから、スプーンをキャスト&リトリーブするのに用いるロッドやタックルセッティングで扱ってみましょう。

鱒ノ小枝はミミズのようなクネクネアクション

このルアーは、3つの関節によってジョイントされています。

関節は金具ではなく専用のラインで、これがベースとなってミミズのようなクネクネアクションを発生させるのです。

ミミズといえばワームをイメージしてしまいがちですが、そのアクションをハードプラグで再現できてしまうとなると、用途はかなり広がりそうですよね。

上向きリップを搭載

鱒ノ小枝には、上向きのリップが装備されています。

チャターベイトのブレードと同じ発想でしょうか、正面から水が当たると左右に揺れるアクションを発生させます。

あまり速くリトリーブすれば、ボディが回転してしまう恐れがあるので、リトリーブスピードゆっくりめでスイミングさせましょう。

ルアーローテーションの一角に

トラウトは、棒状のルアーのI字アクションに反応することがあります。

スプーンやプラグとのローテーションで、釣果がアップする経験をされた人も多いでしょう。

そういうローテーションの中に、このルアーを組み込むことで、これまでとらえ切れなかった魚をバイトに持ち込めるかもしれませんよ。

鱒ノ小枝には、全部で8種類のカラーが用意されています。

トラウトが好むマット調のものや原色系が多く、どのカラーも試してみたくなりますね。

2019年の10月に発売予定、ライトソルトゲームにも転用してみてはいかがでしょう?

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング