ソルティガリールの写真

ソルティガリール特集!ダイワの大人気オフショアリールのユーザー評価をチェック

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売されているオフショア専用リールといえば、大人気のソルティガシリーズが真っ先に思い浮かぶでしょう。

インパクトのあるブルーを基調とした配色が、海に浮かぶボートデッキ上で映えますよね。

ここでは、ソルティガリールのユーザー評価をチェックしながら、その人気の秘密に迫ります。

ソルティガリールとは

ソルティガとは、人気釣具メーカー・ダイワのオフショアジギングやキャスティングを楽しむためのブランドネームです。

ソルティガシリーズのリールには、スピニングリールとベイトリールが用意されています。

オフショアジギングにもパーチカルに攻めるスタイルや、キャスティングアプローチを繰り返すスタイルがありますから、それらに合わせたソルティガがあるわけです。

マグシールドやATDといった性能のおかげで、より一層堅牢で耐久性のあるリールに仕上がっていますよ。

2020年新発売の20ソルティガの情報はこちら!

おすすめソルティガリール①15ソルティガ4500H

15ソルティガの4500番、ハイギアのスピニングリールです。

4000番タイプは、さまざまな釣り方に応用が利きますから、ユーザー評価は高くなっていますね。

実際にこのリールを使ってみると、ベール周りのシンプルさがライントラブルを抑えるのに役立っていると体感できますよ。

各パーツが太くて大き目なのも、頑丈さや耐久性の表れのような気がしますよね。

自重610グラムは、重いと感じる人がいるかもしれません。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ソルティガ 4500H

最安値価格
¥26,950(Yahoo!)

Amazonへ ¥179,976

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥26,950

そして2020年、ついにソルティガのスピニングリールがフルモデルチェンジを果たしました。

20ソルティガと呼ばれていて、モノコックボディによるメインギアサイズの拡大や、トータルバランスの向上に注目が集まっていますよ。

オフショアといえばソルティガのイメージが強いですから、ブルーカラーをあしらったリールに、横浜の釣りフェスティバルで直接触れた人は多いでしょう。

20ソルティガのデモンストレーション動画はこちら

20ソルティガは、海の大物を獲るための強靭で耐久性のあるスピニングリールに仕上がっています。

設定ラインナップは9種類、8000番から20000番までで選べるようになっていますよ。

8000番はPEライン3号から4号を使った近海ジギングを目的に活用できますし、10000番はPEライン4号から5号を使ったキハダ・ヒラマサのキャスティングゲームをボートデッキの上で満喫してください。

14000番はPEライン5号から8号を使ってヒラマサ・カンパチなどの大型魚を狙えますから、離島遠征などで活用してみましょう。

そして最大サイズ・20000番は、大型のクロマグロをターゲットにビッグウエイトにチャレンジしてください。

このリールには、モノコックボディが採用されていて、一体成型となっているのが特徴です。

ボディカバーを留めるネジ自体が不要となったので、従来構造よりもボディ内部のスペースを広く取れるように。

より大口径で強力なメインギアを収納できるのが嬉しいですね。

また20ソルティガには、新しいドラグシステムが搭載されるようになって、15ソルティガでは6枚だったドラグワッシャーが14枚に増加しています。

これにプラスして、放熱しやすいドラグ構造に変えたことにより、既存モデルの10倍以上の耐久性を生み出していますから、大物にガンガン走られてもじゅうぶん耐えながらやり取りできるでしょう。

そしてローター部分には、アルミを素材にしたエアローターが採用されています。

ザイオン製の樹脂ローターと比較すれば、たわみ剛性が2倍以上にアップすることに。

大型魚の強烈な引きに耐えつつラインをきっちり巻き取るためにも、このアルミ製ローターは必須スペックといえるでしょう。

おすすめソルティガリール②14ソルティガ エクスペディション5500H

ソルティガリールには、よりヘビーデューティーに振ったスペシャルモデルがありました。

このソルティガ・エクスペディションモデルは、オフショアゲームで狙える最大サイズのターゲットを釣り上げるために開発されたスピニングリールです。

防水・耐久テクノロジーのマグシールドに加えて、マグシールドボールベアリングをラインローラーとハンドル軸に追加装備していますよ。

これによって防水性能や回転性能が向上、長い期間滑らかで扱いやすいフィールを維持することができます。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 ソルティガ エクスペディション 5500H

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 14 ソルティガ エクスペディション 5500H

最安値価格
¥94,366(Yahoo!)

Amazonへ ¥186,051

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥94,366

このソルティガリールには、フルマシンカットで作られたラジエーションドラグノブを標準装備しています。

そのドラググリスを改良しているので、安定したドラグ性能を維持できるように改善されています。

また強さと軽さを両方兼ね備えたザイオン製エアローターを搭載しているので、ハンドルの巻き始めが軽やかで素早くなっていますよ。

この5500Hタイプは、主にキャスティングゲームでの大型ヒラマサやジャイアントトレバリーをターゲットにしていて、キハダマグロの30キロクラスを狙うなら8000Hタイプを使ってみましょう。

おすすめソルティガリール③17ソルティガBJ4000SH

自重430グラムと軽めの設定がユーザーの高評価につながっている、ソルティガBJモデルです。

オフショアジギングはもちろん、タイラバゲームやショアジギングに転用することも可能ですよ。

とにかく頑丈で剛性感に優れているので、大胆な使い方にもじゅうぶん機能してくれるでしょう。

オフショアとショアのジギングを、1台でこなしたい人におすすめです。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ソルティガ BJ スピニングモデル 4000SH

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17ソルティガ BJ スピニングモデル 4000SH

最安値価格
¥23,100(Yahoo!)

Amazonへ ¥72,692

楽天市場へ ¥99,482

Yahoo!へ ¥23,100

ベイジギングで使うソルティガとして絶大な人気を誇るソルティガBJシリーズは、軽量でありながら高い剛性のモノコックボディを採用しています。

メインギアには、高耐久素材のハイパーデジギヤを搭載し、掛けた魚はしっかり巻いて引き寄せられるスペックに仕上がっていますよ。

またダイワ独自の防水処理技術・マグシールドとマグシールドBBが、海水による浸水被害を抑えて、リールの初期性能をキープすることが可能です。

カーボンワッシャーを使ったATD=オートマチックドラグシステムも採用しているので、大物が掛かったときのやり取りも、ラインを出しつつ時間をじゅうぶんにかけられるようになりました。

ハンドル長は65ミリ、ハンドルノブはパワーライトノブLを標準装備して、手のひらでしっかりパーミングできるのが嬉しいですね。

おすすめソルティガリール④ソルティガBJ200SH

こちらは、ベイトリールタイプのソルティガBJです。

自重325グラムと軽量で小振りですから、ライトベイジギングをマスターしたい人におすすめですね。

耐久性・剛性がともに高く、ボディフレームには超精密マシンカットを施した高強度アルミを用いています。

防水タイプのドラグや塩ガミを防ぐマグシールドを搭載していますから、安心してベイジギングを楽しめそうですね。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 17 ソルティガBJ 200SH (2017モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 17 ソルティガBJ 200SH (2017モデル)

最安値価格
¥42,042(楽天市場)

Amazonへ ¥42,578

楽天市場へ ¥42,042

Yahoo!へ ¥42,450

ソルティガBJのベイトリールには高剛性のスーパーメタルハウジングを採用、精密マシンカットを施した堅牢なハウジングとなっています。

リール本体をサビや塩ガミから守ってくれる、マグシールドボールベアリングを搭載。

それから防水タイプのATD=オートマチックドラグシステムには、明快なクリック音が付いています。

メインギアには、ハイパーデジギヤを採用しているので、これまでのモデルより耐久性が向上されていますよ。

また細糸PEラインに優しいシンクロレベルワインドも搭載していて、ベイジギングを楽しむための要素を満載しているベイトリールに仕上がっています。

こちらは200サイズで、100サイズは紅牙シリーズでタイラバ・タイジギング用にブラッシュアップされていますよ。

ソルティガリールを使いこなしてオフショアのソルトウォーターゲームを楽しもう!

ダイワのソルティガリールを特集しましたが、いかがでしたか?

頑丈で高耐久・高剛性なリールにビルドアップされている感じが、ストレートに伝わってくるアイテムですよね。

実際にボートデッキの上で青物をとらえると、強烈な走りにロッドもラインも限界ギリギリで対応することになります。

アングラーも時間が経つにつれて体力が失われていきますから、頼りはリールのみという状況に。

ドラグシステムが高性能なのはもちろん、もっとシンプルなところで、強いリールが絶対的に求められるのです。

そんなアングラーの真っ直ぐな要望に応えてくれるのが、ソルティガリールということに。

2020年のフルモデルチェンジを機会に、もっと多くのソルティガリールファンが生まれるのは必至です!

ダイワソルティガの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

リール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

ソルティガ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング