海 釣り人 アコウ 写真

関西で人気の高級魚!アコウのスロージギングのタックルやノウハウやを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

アコウ(キジハタ)は関西で大人気のハタ科の魚で、スジアラやクエ、マハタと並ぶほどの高級魚です。

また、ハタ科の魚共通の生きた小魚をエサにするフィッシュイーターなので、動きも俊敏で引きが強いだけでなく食べて美味しいのも魅力のひとつでしょう。

そこで、ファンが増えつつあるアコウのスロージギングのタックルや釣り方を紹介してみたいと思います。

アコウ釣りが楽しくなるのは6~8月ごろ!

アコウの旬は春の終わりから初夏にかけてなので、釣りが面白くなるのも6~8月ごろだといわれています。

7月半ばには梅雨が明けかっと照りつける夏の太陽が戻ってくると、いよいよ本番です。

主食にしているエサが小魚なのでアコウの住処は小魚が多くいる底が粗い岩礁帯が中心です。

底が軟らかくて余り変化がない砂底や砂泥底はアコウのエサになる小魚が少ないフィールドなので好んで岩礁帯に住み着くんですね。

小魚が多い岩礁帯が住みかなので根掛かり注意!魚がヒットするのは7割がフォールの最中だ!

岩礁帯の釣りは、変化に富んで面白いのですが、根掛かりに悩まされるのが泣き所でしょうか。

重いジグが岩の隙間などに入り込んでしまうと、ロストするのを覚悟しなければなりません。

ですから予備のジグは多目に持参した方がいいと思います。

それでは最初にタックルから紹介していきましょう。

釣れるアコウが30~40cmでメーンのポイントの水深が50~60mという場合を想定してタックルを考えると、ロッドはスローピッチ用で長さは6フィート前後のものが使いやすいでしょう。

例えばシマノのオシアジガー インフィニティB651や、ゲームタイプスローJB681あたりがお勧めです。

扱いやすいスピニングタックルでもいいでしょう。

リールは、2号のPEラインが200m前後は巻けるラインキャパがあるもので、ときには80mを超える深場を攻めることがあるのでギア比も5.0以上は欲しいですね。

回転が滑らかで巻心地がよくドラグ性能の良いものを選んでおきましょう。

シマノのオシアジガーだと1000HG、オシアコンクエストの200HGなどがお勧めです。

ジグは100~150gでスローピッチ用に設計された平型のロングジグやセミロングのものを何種類か用意しておけばいいでしょう。

人気のジグはシーフロアコントロールのクランキーやスパンキー、エバーグリーンのディープライナーシリーズなど。

PEラインの先には、5~8号のフロロカーボン製のリーダーを3mほど付けておきます。

ジグはテンション掛けずに落とす!

ロッドとリールとジグ、この3点が用意できたら釣りは出来ますね。

早速、船に乗り込んで沖を目指しましょう。

ポイントに着いたら、まずジグを落として底質を確かめます。

ジグが底にめり込むような感じがしたら底質は砂や砂泥底です。

こういう場所にはアコウは少ないので、すぐに10m以上巻き上げもう一度落とし込んでポイントを変えます。

ジグが底についた瞬間、コツッとかカツンとした感じが伝わったら、底は岩礁なのでアコウがいる可能性が大です。

根掛かりさせないよう素速く底を切ってスタートです。

まず最初にスローピッチジャークでアコウにジグをアピールしながらゆっくり誘い上げていき、余りテンションをかけずにフワリとジグを落とし込んでいきます。

ここがひとつのポイントになります。

テンションを掛け過ぎて落とすと、どうしてもジグの動きに滑らかさがなくなり、魚が余り興味を示さなくなります。

魚がジグにアタックしてくる確率は、フォールが7割であとの3割が誘い上げのときだといわれていますから、フォールのときに神経を集中しましょう。

3回ほどスローピッチジャークで誘ったあと、反応がなければ今度は素速く10mほど巻き上げてポイントを変えます。

カサゴ類はほぼボトムで当たりますがアコウの場合は、ベイトがいると根のてっぺん近くに浮いていることがあるので底から5mぐらい上までは探った方がいいでしょう。

また、ときどきアコウが魚や小イカを追って水面近くまで浮き上がって来ることもあるので、なるべく広く探った方が釣れる確率が高くなるでしょう。

基本的には、底にいる甲殻類のエサをイメージした誘い方と、底より上層を泳ぐ小魚をイメージした誘い方を使い分ければいいと思います。

ジグがフォールの途中で急に止まったしたらヒットです。アタリが出たら素速く合わせるかできるだけ速くリールを巻いてフッキングさせ、さらに根に入られないよう4、5m素速く巻いて底を切ってからゆっくりやり取りを楽しんで下さい。

また、アコウが食い渋ってフォールでのアタリが少ないときは、根掛かりに気をつけながらジグを這わせて底のズル引きを試してみても面白いでしょう。

ぜひ、釣り人の皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング