ライン 写真

レイクマスターLD-W21S/LD-W41Sは2019年新発売のワカサギ釣り専用PEライン!

FISHING JAPAN 編集部

シマノより2019年新発売となるレイクマスターLD-W21S/LD-W41Sは、ワカサギの穴釣り専用に作られたPEラインです。

極細で4本撚り仕様になっていますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

レイクマスターLD-W21S/LD-W41Sの基本スペックはこちら!

レイクマスターLD-W21S/LD-W41Sは、ワカサギ釣りに活用するためのPEラインです。

ワカサギ釣り専用の電動リール・レイクマスターCT-Tシリーズにベストマッチ、その糸巻き学習機能に合わせたラインとなっています。

氷上モードなどのリールの機能に適応しているのは、とても便利ですよね。

レイクマスターLD-W21S/LD-W41SはPEライン

このラインは、ほぼ伸びないPEラインです。

4本撚り構造で感度が高く、原糸が太いぶん擦れにも強いでしょう。

LD-W21Sのほうが30メートル巻き、LD-W41Sのほうが60メートル巻き設定となっています。

3種類の号数設定

レイクマスターLD-W21S/LD-W41Sには、3種類の号数設定が用意されています。

0.2号・0.25号・0.3号の中から、釣り場の状況に適したものを選んでください。

平均強力は、0.2号が1.5キロ、0.25号が1.9キロ、0.3号が2.2キロになっています。

独自のマーキングカラー

このPEラインには、独自のマーキングカラーが施されています。

ベースはホワイトカラーで、10メートルごとに緑色、85センチ間隔で紫色がマークされていますよ。

緑色と紫色の幅は、15センチです。

レイクマスターLD-W21S/LD-W41Sは、2019年の9月にリリース予定です。

ワカサギ釣りシーズンが始まるまでに、ラインの巻き換えを済ませて準備しておきたいものです。

また今年からワカサギ釣りを始める初心者の人にも、扱いやすいおすすめラインといえるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング