ルアー バス 写真

羽根付きルアーで夏バスを振り向かせたい!ルアー釣りの虫パターンを一歩進めてみよう

FISHING JAPAN 編集部

羽根モノと呼ばれるトップウォータールアー、例えばヘドンのクレイジークローラーは、羽根が付いているから虫パターンの代表格のように思われがちです。

実際にキャストしてリトリーブするだけでよく釣れますから、これぞ羽根を活用した虫パターン!と判断されてしまうのでしょう。

でも、このルアーのアクションをよく観察してください。

あることに気づきませんか?

虫が水面を豪快に移動するの?

クレイジークローラーに代表される羽根付きルアーは、確かによく釣れます。

しかしながら、実際に羽根の付いた虫が水面に落ちたら、ここまで水を攪拌しながら悠々と水面を等速で移動することは有り得ません。

つまり、本当の虫の動きとはかけ離れているといわざるを得ないのです。

虫の本当の動きに注目

本当の虫の動きとは別物だからこそ、釣れるケースもあれば釣れないケースも出てきます。

落水している虫が多いと感じるシチュエーションなら、より一層虫に寄せてもかまわないのではないでしょうか。

そこで考えたいのが、本当の虫はどのように水面で動くのか?ということです。

オーバーハング下で観察

実際に観察してみるのが一番でしょう。

木々の枝や葉が覆いかぶさったオーバーハングの下へ潜り込んでみました。

ここなら足を滑らせた虫が多いはず。

案の定、数多くの虫が水面に浮いていますよ。

定点から移動せずに手足で水面に触れるだけ

水面に浮いている虫の動きは、ほぼ定点から移動しません。

移動できません!といったほうが適切でしょう。

ボディはそのままで、手足のみ不規則に水面を叩いています。

それもバシャバシャと水飛沫が上がるような叩き方ではなく、水の表面張力に負けてしまうような弱々しさで、触れている感覚に近いレベルのものです。

リバーピーク(river peak) フライ バスバグフライ ポッパー 2本セット クロムイエロー #8

リバーピーク(river peak) フライ バスバグフライ ポッパー 2本セット クロムイエロー #8

参考価格:¥789

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

river peak(リバーピーク) バスバグフライ ポッパー 2本セット

river peak(リバーピーク) バスバグフライ ポッパー 2本セット

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

その弱々しさの部分を表現するには、ルアーよりも上記のようなポッパー系フライのほうが適しているのではないでしょうか。

羽根が細い手足に変わってしまいましたが、水面に触れるような弱々しいアクションなら、この選択のほうがバスに効くはずです。

ベイトフィネスタックルの進化によって、フライをキャストすることも可能になりましたから、色々試してみてはいかがでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング