ルアー 写真

バヒッド100はシーバスゲームを楽しむための軟質系シンキングペンシル!

FISHING JAPAN 編集部

ハークレイから発売中のバヒッド100は、ワーム素材で出来たシンキングペンシルです。

ボディが軟らかいことで、フックやスプリットリングとの干渉音を消すことが可能ですよ。

その特徴や実釣動画をチェックしてみましょう。

バヒッド100ってどんなルアーなの?

バヒッド100は、シーバスゲームを楽しむために作られたシンキングペンシルです。

全長100ミリで自重14グラム、ベイトフィッシュのサイズに合わせて水中を漂わせてみましょう。

ピンテールが自発的にアクションするのも効きそうですよね。

バヒッド100はシンキングペンシル

このルアーは、シンキング仕様のペンシルです。

イメージ的には、スラッゴーなどの軟質系ワームやスティックベイトに近いですよね。

でもワームと完全に異なるのは、貫通ワイヤーで武装しているところです。

貫通ワイヤー仕様

バヒッド100は、貫通ワイヤーを使って、ラインアイとフックアイをつないでいます。

大型のシーバスが掛かっても、この仕様なら安心してやり取りがおこなえますね。

またロングキャストをしたいときも、貫通ワイヤーなら大きな負荷に十分耐えてくれるでしょう。

イレギュラーなダートアクションが得意

このルアーは、ワーム素材でピンテールを採用しているため、積極的にロッドワークを加えると、イレギュラーなダートアクションを繰り出してくれます。

まさに逃げ惑うパニックベイトそのもの、強い流れの中でもこの逃走アクションは効果的でしょう。

バヒッド100には、全部で13種類ものカラーがラインナップされています。

アユやイナッコ・カタクチイワシなどにそっくりなカラーから、派手な膨張カラーまで用意されていますから、状況に合わせて選ぶことができます。

流れに乗せるドリフト釣法も駆使しながら、大型シーバスを狙ってみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング