バス 写真

Uターンしてしまうバスを引き留めたい!ルアーにバイトさせるためのさまざまな工夫

FISHING JAPAN 編集部

ユラリと尾ヒレを靡かせて、ルアーから離れていくバス。

せっかく追いかけてきたのに、あと少しというところでUターンされてしまった経験は・・・ありますよね。

これを何としても防ぎ、ルアーにバイトさせたい!と思ったら、どうすればいいのでしょう?

水面にルアーを浮かせてみた

まずはルアーに近寄ってくるバスを観察します。

水面にルアーを浮かしておいて、そのままにしておきました。

結構時間が経ったのですが、バスの気配はありません。

バスが近寄らない理由はどこにあるの?

バスが近寄って来ない理由を考えました。

ルアーのことが気に入らなかったからでしょうか?

それならルアーを交換すれば解決できますが、この世には数え切れないほど多数のルアーが存在しますから、全てを試すわけにはいきません。

ルアーを動かしてみると・・・

とすれば、ルアー以外の原因を探したほうが、解決は早いでしょう。

そこでルアーを動かしてみました。

羽根の付いたルアーなら水面を攪拌し、ブレードのぶら下がったルアーならフラッシングを発生させます。

それらに惹かれたバスがルアーに接近してきましたが、ある一定の地点まで近寄るとUターンしてしまいました。

釣り人の存在

ここで考えなければならないのは、ルアー以外にその場に何が存在していたか?です。

バスがそれを見つけて警戒心を起こし、Uターンしてしまったのは間違いないでしょう。

それは何か?

ズバリ、我々釣り人でしょう。

釣り人さえいなければ、もっと早いタイミングでバスはルアーに食い付いていたと推測できます。

長いロッドを持ち、派手な色の服装を着て、大きな声でしゃべっていたら、バスでなくともUターンするに決まっているじゃないですか。

解決策は、釣り場から釣り人の気配を消し去ることです。

どんなことでもかまいません、これまでよりも気配を消すことに力を注いでみてください。

立った姿勢で釣りをしていたなら、その場にしゃがんでください。

座ってもかまいませんし、腹ばいに土の上へ伏せてもかまいません。

それでバスがルアーにバイトしてくれるなら、試す価値はあるのではないでしょうか。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング