並木敏成 写真

並木敏成プロのアメリカFLWツアー動画をチェック!o.s.pおすすめルアーも特集

FISHING JAPAN 編集部

世界のナミキ!と称されることでバス釣り業界で秀でた存在の並木敏成プロは、ルアーメーカー・o.s.pを設立、バスアングラーに素晴らしい釣り道具を提供し続けています。

日本におけるトーナメンター時代には、琵琶湖の下物浚渫などで卓越したジャンボグラブによるテクニックを見せてくれました。

木ノ浜の水路やウエイイン会場でのピリピリした雰囲気は、当時の和気藹々としたバスプロの中にあって、とてもプロらしい真剣で誠実な態度だったと記憶しています。

並木敏成プロのアメリカ転戦動画が公開

並木敏成プロがo.s.pからリリースしているルアーは、釣果を得ることに真っ直ぐで、ユーザーにとって分かりやすいアイテムばかりだという印象です。

もしバス釣り初心者にルアーを勧めるなら、並木敏成プロがプロデュースしたものをピックアップするでしょう。

その彼が、アメリカに渡って真剣勝負を繰り広げた動画が公開になっています。

4編に分けられていて当時の緊迫感が、しっかりと伝わってくる内容ですから是非チェックしてみてください。

並木敏成プロがプロデュースしたルアーからおすすめアイテムをピックアップ①ブリッツ

並木敏成プロがプロデュースしたルアーから、おすすめのアイテムをご紹介します。

まずはクランクベイトのブリッツ。

いくつかのサイズ・リップ形状に分類されていますが、ノーマルサイズのブリッツ(53ミリ9.0グラム)から使ってみてください。

重心移動システムを搭載していなくても、十分な飛距離をキャストすることができ、着水と同時にレスポンスよくアクションしてくれますよ。

カラーラインナップが多いので迷ってしまいそうですが、黒金は外さずに確保してくださいね。

並木敏成プロがプロデュースしたルアーからおすすめアイテムをピックアップ②ドライブシュリンプ

テナガエビが脱皮をしている時期にとてもハマる、ドライブシュリンプ。

ネコリグにセットしてボトムを小刻みに叩くと、エビはもちろん小魚の動きにもそっくりです。

ここまでライブ感を表現できているワームは珍しく、確実にバスに食わせたい状況で使ってみましょう。

並木敏成プロがプロデュースしたルアーからおすすめアイテムをピックアップ③ハイピッチャー

並木敏成プロが作ったスピナーベイトに、ハイピッチャーの1オンスがあります。

既存の1オンスクラススピナーベイトと比べて、何もかもコンパクト。

だから空気抵抗なく良く飛びますし、深いタナを浮き上がらずに確実にトレースできますよ。

こういうバランスセッティングを実現してしまえるところが、彼の強みといえるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング