岩 写真

岩場に潜むバスを釣りたい!濁りを避けたバスの到達地点を攻めよう

FISHING JAPAN 編集部

池や湖にボートで浮かんで岸をぐるりと見渡すと、必ずといっていいほど岩場を見つけます。

土や泥・砂ばかりではないのです。

水中に棲むバスは、この存在をどのように感じているのでしょう。

急に発生する濁りをバスは嫌う?

土や泥・砂の岸辺だと、風で波が当たったりして水の流れに触れたら、水中に溶け込み舞い上がってしまうでしょう。

その際に発生する濁りを、バスは嫌うかもしれません。

何故なら、それまでハッキリと見えていたものが、見えにくくなるからです。

見えにくい環境を嫌うのかも

小魚やエビは、サイズが小さいですから、急に水が濁るとその中にかき消えてしまうことになります。

これではバスは、安定した捕食活動を続けることができないでしょう。

となれば、カンタンには濁らない地質を求めて、バスは移動してしまうかもしれません。

濁りにくい地質や状況

波などの水の流れが当たっても、カンタンに濁らない地質・状況は存在するでしょうか?

答えは、複数存在します。

例えばコンクリート護岸は、硬い人工物で泥が堆積していなければ濁りは避けられるでしょう。

岩盤剥き出しエリアに注目

もうひとつ挙げるとすれば、岩盤剥き出しのエリアです。

岩もまた水の流れが当たっても、すぐには濁りを発生させない場所であるはずです。

バスが移動してきてステイする確率は、極めて高いのではないでしょうか。

ラパラ・ジャパン ウイグルワート048

ラパラ・ジャパン ウイグルワート048

参考価格:¥953

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

メガバス(Megabass) ルアー WIGGLE GRIFFON(ウィーグル・グリフォン)

メガバス(Megabass) ルアー WIGGLE GRIFFON(ウィーグル・グリフォン)

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

水の流れが当たっている岩場に対するアプローチは、リップ付きルアーを選択することから始まります。

風上から岩場に向けてキャスト、リトリーブを開始してリップを岩に当てます。

それと同時にルアーを水の流れに乗せて、超スローリトリーブでもコツコツと岩に当たるのを感じ取れるように引っ張ってくるのです。

おすすめは、小振りで浮力の高いクランクベイト。

岩の上で跳ねるように踊りながら、バスを確実にバイトに導いてくれるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング