ロッド 写真

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)は2019年新発売のシーバス・ヒラスズキ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売のエクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)は、シーバスやヒラスズキ狙いに特化したスペシャルロッドです。

メーカー独自の技術によって、シーバスロッドが劇的に進化しましたよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)の基本スペックはこちら!

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)は、主にヒラスズキをターゲットにしたシーバスロッドです。

機種は3種類用意されていて、長さやパワーに違いを設けていますよ。

長さは、3.25~3.35メートル、パワーはM+・MH・Hから選べるようになっています。

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)S108M+/R

S108M+/Rは、エクスセンスジェノスの中核的存在・Grand Stingerのコンセプトを持ちながら、さらにパワーと遠投性をアップしたモデルです。

磯・サーフ・河川や足場の高いエリアなどの攻略に活用してください。

粘りとシャープさを追求し安定した遠投性を発揮できるようになっています。

S110MH/R

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)S110MH/Rは、バットからティップ先端まで全身をシャープに仕上げた、硬くて曲がる攻撃的なロッドです。

リニアな操作性や金属的な感度、バイトがあればすぐにフッキングして一気にシーバスを引き寄せる瞬発的なパワーなどを持ち合わせていますよ。

S110H/R

S110H/Rは、ラインナップの中で最もパワーを持たせたモデルです。

荒磯のサラシにキャストして大型のヒラスズキとやり取りするためのスペックを保持していますよ。

3機種ともブランクスには、スパイラルXコア+ハイパワーXにナノピッチ・ナノアロイテクノロジーが採用されています。

高強度素材のトレカも、ロッドのシャープさに貢献しているでしょう。

エクスセンス ジェノス(磯マル・ヒラスズキモデル)には、継部の固定力を高めながら外しやすさも両立した、スクリューロックジョイントを搭載しています。

2019年の9月にリリース予定、シーバス・ヒラスズキの釣りをより一層楽しめそうですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング