リール 写真

アルデバランを使ってみたい!シマノ人気のベイトリール・アルデバランを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のアルデバランシリーズは、軽量ルアーをスムーズにキャストすることを念頭に作られたベイトリールです。

10グラムどころか、もっと軽いルアーでもトラブルなくキャストできるので、流行りのベイトフィネスタックルには欠かせない存在になっていますよ。

アルデバランには2つのブレーキシステムが存在する

アルデバランシリーズには、大きく分けて2種類のタイプが存在します。

マグネットブレーキによって制動調整をおこなう、アルデバランBFS。

遠心ブレーキによって制動調整をおこなう、アルデバランMGL。

どちらが扱いやすいのか、とても興味がありますよね。

実際にアルデバランを使ってみた

実際にどちらのリールも使ってみました。

アルデバランBFSは、ベイトフィネス専用仕様からか、糸巻き量がとても少ないのが特徴です。

それでも12ポンドフロロカーボンラインを巻いて、接近戦で使ってみたところ、ほぼバックラッシュトラブルなくキャスト+フッキングがおこなえましたよ。

アルデバランMGLにも、同じく12ポンドフロロカーボンラインを巻きました。

こちらはスプールに余裕があるので、60メートルほど巻くことができましたよ。

当然遠投アプローチも可能で、接近戦にも対応可能でした。

アルデバランMGLを扱った、とても分かりやすいインプレ動画も見つけましたのでご覧ください。

アルデバランMGLのインプレ

アルデバランMGLに関しては、軽量ルアーをオールラウンドに使いたいときに選びたいリールといえそうです。

接近戦も遠投もこなせるので、釣り場を細かくチェックする際に向いています。

リール本体の自重が135グラムしかないので、キャストのときにロッドを振り過ぎてしまうかもしれませんね。

アルデバランBFSのインプレ

アルデバランBFSに関しては、もっと軽量なルアーを操りたいときに有効でしょう。

例えば、3グラム前後の極小ルアーをキャストしたいときなどに重宝します。

本来は12ポンドフロロカーボンラインなど巻かずに、8ポンド前後の細めのラインを巻くほうが、用途は広がるはずです。

スプールが薄い作りになっているので、カバーに引っ掛かったルアーを無理矢理外そうとしないでください。

大切に丁寧に扱わなければ、持っている機能をフルに活用することが難しくなるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング