ワーム 写真

イモケムシは2019年新発売の高比重+ラバーチューンを施したワーム!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ジークラックから新発売されるイモケムシは、イモリッパー60をラバーチューンしたワームです。

かなりの数のラバーが貫通してあるので、まるで触角や手足を伸ばしているかのようですね。

その詳しい特徴やデモンストレーション動画をチェックしてみましょう。

イモケムシってどんなワームなの?

イモケムシは、イモリッパー60にラバーチューンを施したワームです。

いくつものシリコンラバーが突き出した状態ですから、着水と同時にゆっくりフォールしていきます。

当然バスにとってバイトチャンスが増えることになり、よく釣れるワームになってくれそうです。

イモケムシの全長と自重

このワームは、全長6センチで自重約4グラムです。

スピニングタックルなら余裕で飛んでいきますし、ベイトフィネスタックルでも十分に操れるでしょう。

カバーやオーバーハングの奥へ、しっかり送り込みながらフッキングのタイミングをはかってください。

塩入り高比重素材

イモケムシは、高比重タイプのワームです。

塩入り素材ですから、飛距離が伸びるように作られていますよ。

しかしながら着水すればラバーチューンのおかげですぐには沈まず、ゆらゆらとスローフォールしながらバスを誘い続けてくれるのです。

フックが上側に来てしまうときの対処法

このワームなら、距離のある対岸のカバーもカンタンに攻略できるでしょう。

フォールさせているときにフックが上側に来てしまうようなら、フックのベントカーブ部分に市販のステンレス製六角ナットをひとつ通してみてください。

沈下スピードは上がってしまいますが、フックが下側になってフッキング効率がアップしますよ。

イモケムシには、全部で12種類のカラーが用意されています。

保護色からよく目立つ膨張色までラインナップされていますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング