バス 写真

ディープゾーンを頭の中でイメージしてみよう!バス釣り攻略の糸口

FISHING JAPAN 編集部

バスは水の中にいます。

水の中をイメージできなければ、バスの行動を読むことはできません。

読めなければ、目に見えるものしか信じられなくなり、当然のことながら、釣れるバスの数やその機会は激減します。

釣れないのは誰のせい?

1日中釣りをして3バイト、手にしたのは1匹。

「いやぁ、トップウォーターの釣りは難しいからね~っ!」

それっておかしいでしょ。

トップウォータープラグのせいにしちゃダメです、釣れなかったのは誰のせいですか?

オモリを使ってみる

たとえトップウォータープラグを選択していたとしても、水の中をイメージすることを忘れていたら、バスは釣れないでしょう。

ですから、イメージするための助けとして、沈むものをラインに結んでキャストしてみましょう。

オモリだけでもかまいませんから、ラインに結んで底=ディープゾーンまで沈めてみてください。

底の変化を感知する

底に着いたオモリを、ズルズル引っ張ってみましょう。

リールハンドルを回してラインを回収しながらでもいいし、ロッドをゆっくり立てながらラインを手前に引き寄せてもかまいません。

そのとき、柔らかいロッドティップは、急に曲がったり元の位置へ戻ったりを繰り返します。

これが底の変化なのです。

第一精工 おもり パックオモリナス型 1.5号 釣り

第一精工 おもり パックオモリナス型 1.5号 釣り

最安値価格
¥139(Yahoo!)

Amazonへ ¥198

楽天市場へ ¥198

Yahoo!へ ¥139

丁寧に探る

底の変化が手元で分かるようになったら、大きく変化しているポイントを絞り込みましょう。

岸際のカバーも変化なら、底の変化も同等に扱うべき。

つまり、ルアーをキャストする対象にすべきなのです。

池や湖全域で底の変化を探そうとしたら、一生かかっても時間が足りないかもしれません。

それくらい池や湖は、バスが釣れる可能性を山盛りで秘めていることになります。

それをノータッチでやり過ごし、他の池へクルマですぐに移動するなんて、とんでもなくもったいない行為だと感じませんか?

ヘドン ビッグバド Heddon BIG BUD スミスオリジナルカラー X9411

ヘドン ビッグバド Heddon BIG BUD スミスオリジナルカラー X9411

Amazonへ ¥-2

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

底の大きな変化を見つけ出したら、その真上の水面でトップウォータープラグを躍らせてみてください。

底を直接叩くのではなく、底とトップウォータープラグの間に、十分な量の水を介するのです。

そうすることで、バスがそのエリアを最初に意識し、ディープゾーンに引き寄せられ、最終的にトップウォータープラグに興味を示す展開になりうるでしょう。

いきなりルアーとバスを引き合わせないようにすることが、効果的なケースもあるということです。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング