リール 写真

バリスティックは2019年新発売のソルト対応スピニングリール!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2019年新発売のバリスティックは、新たにソルト対応に仕上げられたスピニングリールです。

2000番から4000番までラインナップされていますから、アジングからショアジギングまで広くカバーできるでしょう。

その特徴を詳しくご紹介します。

バリスティックってどんなスピニングリールなの?

バリスティックは、ソルトゲームに幅広く対応可能なスピニングリールです。

設定されている番手は、2000番から4000番までの8機種。

ギア比や糸巻き量で選択できるようになっていますよ。

バリスティックにはLTコンセプトを採用

このスピニングリールには、ダイワの小型リール新基準・LTコンセプトが採用されています。

Lはライト=軽量化、各種パーツを軽くしてスプールの小口径化を実現しています。

Tはタフ=丈夫さ・剛性の高さ、ボディマテリアルやギヤの見直しによって丈夫なタフなリールに仕上がっていますよ。

マグシールドを搭載

バリスティックには、マグシールドを搭載しています。

マグシールドを装備することで、防水性を高めながら耐久性のアップを図っています。

リール内部のピニオン部にマグシールドを設置しています。

エアローターを搭載

このリールには、エアローターを搭載しています。

独特な形状の最適リム構造によってかかる負荷を分散させ、従来リールと同じ強度で大幅な軽量化に成功しました。

ローターのバランスも向上し、レスポンスの良い回転を実現しています。

バリスティックには、ATDを採用しています。

魚の引きに対して滑らかに効き続けるドラグシステムで、滑り出しがスムーズなのでラインブレイクにつながりにくい特徴を持っていますよ。

2019年の9月にリリース予定、価格帯は36,800円から38,300円とルビアスに似たものになっているのが嬉しいですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング