ロッド 写真

エンカウンターは2019年新発売のショアキャスティングゲームを楽しむためのロッド!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売となるエンカウンターは、ショアからのキャスティングゲームを楽しめるスピニングロッドです。

シーバスはもちろん、青物やヒラメなどを幅広くターゲットにできますよ。

コスパが優秀なのも魅力的ですよね。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

エンカウンターってどんなロッドなの?

エンカウンターは、ソルトゲームにおけるショアキャスティングを楽しむためのスピニングロッドです。

全部でなんと13種類も用意されていますよ。

8.6フィートから11フィートまでラインナップされていますから、対象魚に合わせて使い分けましょう。

エンカウンターのロッドパワーはLからMH

このロッドには、LからMHパワーまでがラインナップされています。

最大負荷が52グラムまでのルアーウエイトですから、ショアジギング用のメタルジグで50~60グラムくらいまではキャストできるでしょう。

となると、広範囲から活性の高い魚を呼び込むことができますよね。

センターカット2ピース仕様

エンカウンターは、これまでのシーバスゲームのやり方を実践することもできますし、ショアジギングに絡めたアプローチも楽しめます。

センターカット2ピースですから、携帯性にも優れていて、予備ロッドとして複数アイテムをクルマに積んでおけば、その日の状況に合わせて対象魚を変えられるメリットがあります。

ガイドはステンレスフレームのSiC

このロッドのブランクスは、ハイパワーXで補強されていますから、張りとパワーを十分に体感することができますよ。

ガイドは、ステンレスフレームのSiCガイドを採用していますから、大きな負荷が掛かっても安心してやり取りすることが可能です。

エンカウンターのリールシートには、CI4+リールシートを採用しています。

軽くて握りやすいので、長時間の釣行にも対応できるでしょう。

2019年の9月にリリース予定、ショアキャスティングゲームを存分に楽しみたい人におすすめです。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング