リール 写真

シーボーグ500JP/JSは2019年新発売の電動巻上げリール!パワータイプとスピードタイプ

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売のシーボーグ500JP/JSは、船釣りで活用する電動リールです。

対象魚によってパワータイプとスピードタイプの2機種から選べますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

シーボーグ500JP/JSってどんなリールなの?

シーボーグ500JP/JSは、船釣りで使うための電動巻上げリールです。

設定は2機種、ギア比の違いからJP=パワー重視モデル(ギア比3.6)と、JS=スピード重視モデル(ギア比3.7)が用意されています。

どちらも自重は825グラム、最大ドラグ力は23キロ、糸巻き量はPE4号で500メートルです。

シーボーグ500JP/JSにはドット液晶モニターを採用

このリールには、ドット液晶のモニターを採用しています。

釣り場での視認性に優れたデカ文字画面で、直射日光下でも偏光グラスをかけていても鮮明に見えるようになっています。

メニュー画面のアナウンスが明確で、設定マニュアルがなくても取り扱いができますよ。

JOGパワーレバーを搭載

シーボーグ500JP/JSには、JOGパワーレバーを搭載しています。

瞬時に操作できるワンハンドでの快適操作が、大きなメリットといえるでしょう。

左手親指ひとつでクラッチOFFからONが可能、JOG巻上げにも対応できます。

右親指と人差し指で摘んで巻上げられるパワーレバーも、置き竿をしているときなどに便利ですね。

フォールブレーキダイヤル

このリールには、フォールブレーキダイヤルが付いています。

仕掛けの落下スピードをすぐに設定できるようになっていて、大きなアルミ製ダイヤルですから濡れた指先でも微妙な操作が可能です。

安定した落下コントロールでフォール中のバイトや変化にも対応できますよ。

シーボーグ500JP/JSには、トルクと瞬発力を両立したMAGMAXモーターや、防水・耐久を向上するマグシールドボールベアリング、滑らかにドラグが効き続けるATD=オートマチックドラグシステムが搭載されています。

2019年の9月に発売予定、船釣りを効率よく楽しむための必須アイテムといえるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング