潮目 写真

潮目でシーバスを釣りたい!潮目攻略におすすめのルアー特集

FISHING JAPAN 編集部

潮目ってどんなものかご存知ですか?

潮流の動きによって発生する海面の泡もしくは線状の変化を指しています。

異なる潮流がぶつかって生まれますから、さまざまな小動物やプランクトンが、この潮目に溜まりますよ。

それを放っておく魚はいないでしょう。

青物はもちろん、大食漢のシーバスも潮目に引き寄せられるように集まってきます。

潮目の流れの向きに注目

潮目には、必ず流れの方向が存在します。

流れのスピードの緩い・速いの差も、しっかりと伴ないます。

これらの環境条件をシーバスは把握し、捕食するのにベストなポジションで待機することになるでしょう。

それを我々は予測して、ルアーを選びキャストするわけです。

潮目攻略のためのポイント選び

発生した潮目にキャストしたルアーが届かなければなりませんから、ポイント選びはとても重要です。

沖の防波堤が最もおすすめですが、河口域などの足場のしっかりしたところでもアプローチできますよ。

遠投できるタックルを用意して、潮目を攻略してみましょう。

潮目攻略におすすめのルアー・コアマン パワーブレード

潮目に潜むシーバスを攻略するのにおすすめのルアーは、スピンテールジグです。

カンタンに遠投することができますし、潮の流れをしっかりとらえることのできるブレードが付いています。

フラッシングと水の攪拌によって、シーバスに気づいてもらいやすいでしょう。

基本的にはブレードの回転によって浮かび上がりやすいルアーですから、表層狙いのときに使ってみましょう。

潮目攻略におすすめのルアー・シマノ エクスセンスサルベージソリッド

鉄板系のバイブレーションルアーでもかまわないのですが、シマノのサルベージソリッドなら樹脂ボディなので着水後の動き出し・立ち上がりが早く、潮目の流れをいち早くつかむメリットがあります。

またロッドアクションが伝われやすく、意図したタイミングでルアーを躍らせたいときに、とても便利です。

食わせのタイミングで誘いをかけられるので、他のルアーとのローテーションで役立つでしょう。

潮目攻略におすすめのルアー・ダイワ モアザン シャローアッパースリム

あえてフローティング仕様で、潮目の水面直下をトレースすると、シーバスが反応してくることがあります。

遠投の利くフローティングプラグなら、このシャローアッパースリムが使いやすいですよ。

流れに乗せながらゆっくり引いてくる、もしくは流れに乗せたままリトリーブしない。

よくバイトしてくるので是非試してみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング