ルアー 写真

タイニーピーナッツならタフコンディションのバスでも釣れる!SRとDRを使い分けよう

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされているクランクベイト・タイニーピーナッツは、コンパクトなのでバスにプレッシャーを与えにくく、数釣りに向いているルアーといえるでしょう。

キャストしてただ巻きするだけですから、初心者の人にもおすすめです。

ワーム一辺倒になりがちなバス釣りスタイルから脱却したい人にも適していますよ。

タイニーピーナッツは浮力が高い

タイニーピーナッツは浮力が高いクランクベイトです。

丸く太ったボディは、内部に十分な体積を持った空気室を有しています。

この浮力によって、リップが障害物や地形変化に触れても、その瞬間にその場でルアーを浮かせることができるのです。

タイニーピーナッツのSRタイプ

このクランクベイトには、SRタイプとDRタイプが存在しています。

SRタイプはシャローランニングモデルで、全長40ミリ・自重4グラム。

潜行深度は、約1.0メートルに設定されていますよ。

浅いエリアを丁寧になぞるようにリトリーブしてみましょう。

DRタイプ

タイニーピーナッツのDRタイプはディープランニングモデルで、全長40ミリ・自重4.5グラムです。

潜行深度は約1.5メートルですから、ひとつめのブレイクラインやボトムをタッチするのに向いているでしょう。

リップの面積が大きいので、複雑なカバーでも引っ掛かりにくい特徴があります。

何か触れるものがあるかどうかでSRとDRを使い分けよう

SRをまずはキャストして、リップが何かに触れないか確認してみましょう。

ひんぱんに触れるものがあれば、リトリーブスピードを落として、そのままSRを使い続けてください。

もし触れるものがなければ水深が深いと判断できるので、DRに切り換えてキャストしましょう。

タイニーピーナッツには、全部で12種類のカラーがラインナップされています。

目立つカラーや膨張するカラーからキャストすると、それに反応する高活性バスから釣り上げることができるでしょう。

チャート系やクローム系カラーをローテーションしながら、その日の当たりカラーを見つけ出してくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング