バス 写真

暑い夏を乗り切るための便利グッズ特集!バス釣りを安全に楽しむために

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りを夏休みに楽しむ人が増えています。

家族連れで釣り場へ向かい、おのおのロッドを振ってルアーをキャスト。

夢中になるのは間違いないでしょう。

でも油断していると、たいへんな事態を引き起こしてしまうかもしれませんよ。

夏の太陽は要注意

「なになに?ヘビに噛まれるの?」

そんなケースは、かなり稀ですから注意するほどではありません。

気をつけたい対象は、太陽です。

バス釣りに夢中になっているうちに、あなたや家族の体を攻撃していますよ。

強い日照を防ぐには麦わら帽子がおすすめ

太陽の光には、紫外線が含まれていますから、皮膚に浴び続けると傷んでしまいます。

また日照によって体が乾燥し、水分がどんどん枯れてしまうでしょう。

それを補給するには、水を飲めば対処できますが、日照そのものを防ぐには、当たらない場所へ移動して休憩することがイチバンです。

連続でバス釣りをし続けるのは、絶対にやめましょう。

そして頭には帽子を被ることを習慣付けてください。

通気性の良い帽子がおすすめ、例えば麦わら帽子なら、皮膚をカバーしてくれる範囲も広いですから熱中症対策に適しています。

火照った皮膚を効率よく冷やせる冷感タオル

日焼けしてしまった皮膚を冷やしたり、汗を拭いたりするのに、タオルを持参しましょう。

最近では冷却機能を持ったタオルが発売されていて、ひんやりと心地良い感触も与えてくれます。

クーラーボックスを持参して冷やしたタオルを保管し、いつでも取り出せるようにしておきたいものです。

目を日照から守ってくれる偏光グラス

太陽からの紫外線を効率よく防ぐには、偏光グラスをかけることをおすすめします。

目を保護する意味でも、偏光グラスをかけてバス釣りをすることは重要です。

水中の変化もとらえやすいので、釣果にも直結してくるでしょう。

完全に目を覆ってしまうと蒸れるので、通気性の良いフレームデザインのものを選んでください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング