ロッド 写真

ラフィーネは2019年新発売の磯釣り上物専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売となるラフィーネは、磯釣りに活用する振り出しロッドです。

磯釣りビギナーからベテランまで納得して使えるアイテムに仕上がっていますよ。

その詳しい特徴をピックアップしてみましょう。

ラフィーネの基本スペックはこちら!

ラフィーネは、グレなどの磯上物をターゲットにした専用磯釣りロッドです。

設定機種は、8種類ラインナップされていますよ。

繊細な1号から、豪快なやり取りができる2.2号まで揃っていますよ。

1号530・1.2号500・1.2号530・1.5号500・1.5号530・1.7号530・2号530・2.2号530Tの中から選んでみてください。

ラフィーネのブランクスにはスパイラルXを採用

このロッドブランクスには、スパイラルXが採用されています。

ロッドのタテ繊維の内層と外層に、カーボンテープを逆方向斜めに密巻きした三層構造のブランクスです。

斜めのカーボン繊維により、軽さを維持しながら高いネジリ剛性とつぶれ剛性を保持するようになっているのが特徴です。

不意に大物が掛かっても、安心してやり取りができるでしょう。

穂先はタフテックα

ラフィーネの穂先に注目してください。

タフテックαが採用されていて、タフテック穂先の張りを抑制した設定になっています。

穂先の径はそのままに強度も保持、それでいてしなやかで繊細な曲がりを見せてくれますよ。

ウキの巻き込みにも対応してくれるので、穂先の破損を未然に防ぐことができます。

Xガイドを搭載

このロッドには、Xガイドを搭載しています。

軽さはもちろん、トラブルを抑えてキャスト性能を向上させたシマノオリジナルのガイドです。

ガイドにラインが絡みにくければ、手返しよく攻めることができますよ。

ラフィーネのブランクスの表面には、ハイパーノンコンタクトⅡが施されています。

表面に特殊な塗装を施して、ラインとブランクスが触れたときの摩擦抵抗を抑えます。

雨や波飛沫を受けても、ラインのベタツキをしっかり抑えて絡み付きを防いでくれるでしょう。

2019年の9月にリリース予定、今年のグレ釣りに早速投入してみましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング