ロッド 写真

セフィアSSティップエギングは2019年新発売のセンターカット2ピース仕様ボートエギングロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから新発売となるセフィアSSティップエギングは、ボートエギングを楽しむためのロッドです。

センターカットの2ピースモデルですが、継ぎ部分のギャップを小さくしてスムーズな曲がりを実現していますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

セフィアSSティップエギングの基本スペックはこちら!

セフィアSSティップエギングは、ボートエギングを楽しむための2ピースエギングロッドです。

設定機種は5種類で、ロッドパワーはMLとMを用意しています。

適合PEラインは、全アイテム0.4号から1号になっていますよ。

セフィアSSティップエギングのS511ML-S

S511ML-Sは、最も短いロッドで全長1.8メートル、自重は78グラムしかありません。

取り回しがカンタンでハイピッチなシャクリや瞬間的なアワセを決めやすくなっていますよ。

喫水が低いボートデッキでも、水面を叩きにくいのが嬉しいですね。

MLパワーのS66ML-SとS70ML-S

セフィアSSティップエギングのS66ML-Sは、全長1.98メートルで自重85グラムです。

こちらも扱いやすく、潮や風が弱い状況下で潮に馴染ませるようなエギのステイをおこなうことが可能です。

つまり喰い渋るイカをとらえるのに向いているわけです。

S70ML-Sは、全長2.13メートルで自重90グラム。

7フィートの長さを活かして、風や波の強い状況に対応できますし、喫水の高いボートデッキでもエギを操りやすいメリットがあります。

MパワーのS66M-SとS70M-S

S66M-Sは、Mパワーで全長1.98メートル、自重87グラムのロッドです。

80グラムまでのエギを操り、クイックな操作をすることができますよ。

積極的に広範囲の高活性イカにエギを見せるようにしましょう。

S70M-Sは、全長2.13メートルで自重92グラム。

重いエギをしっかり操作でき、長い分だけ高さのあるシャクリをすることができます。

セフィアSSティップエギングは2019年8月にリリース予定、ブランクにはスパイラルXやハイパワーXを採用し、ソリッドティップのタフテックαやパーフェクションシートCI4+を装備しています。

ティップランエギングを実践してみたい人に、おすすめできるアイテムに仕上がっていますね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング