カバー 写真

岸際のカバーを攻めてもバスが釣れないときの対処法!

FISHING JAPAN 編集部

見るからに美味しそうな岸際のカバーを発見しました。

これはバスが潜んでいるでしょう。

早速流行りのスイムベイトを投げてみました。

反応がないので羽根モノ、それからワームと手を変え品を変えアプローチしてみたのですが・・・無反応です。

そんな経験、したことはありませんか?

岸際カバーを攻めて反応がなければお手上げ?

バス釣りの基本アプローチとして、岸際のカバーを攻めるのは間違いではありません。

自信のあるルアーを結んでキャストするのもありでしょう。

でもそれで結果が出なかったとき、つまりバスが食い付いてこなかったとき、お手上げモードになってしまっていませんか?

目線を沖へ

岸際カバーで釣れなかったくらいで、あきらめたりガッカリしてはいけません。

そこからがバス釣りの醍醐味を味わえると考えたほうがいいでしょう。

目線を岸際から離して、ゆっくりと周囲に向けてください。

別のカバーを探すのではなく、岸際から沖へ向けるのです。

水中にもカバーがあるはず!

沖には何もありません。

ないように見えるのは、水面がフラットだからでしょう。

でもよく考えてください、岸際にカバーが存在するのに沖にそれがない!などと言い切れるでしょうか?

目視することはできませんが、水中にはカバーや地形変化が眠っているに違いない!と発想を膨らませるようにしましょう。

水中や底を徹底チェック

実際に沖を探ってみれば、答えはすぐに出ますよ。

シンキングタイプのルアーを沖に向かってキャストして、着底させます。

そしてスローに底をズル引きしてくるのです。

トレブルフックの付いたバイブレーションプラグなら、カンタンに沈木やウィードを拾ってくるかもしれませんね。

沖の底に沈むカバーを崩したくなかったら、トレブルフック付きのシンキングルアーを投げなければOKです。

スピナーベイトやチャターベイトなら、カバーを崩さずにアプローチできるでしょう。

そしてカバーや地形変化の有無が確認できれば、次にそのポイントへ入るときには真上でトップウォータールアーを躍らせて、バスを誘い出すことができますよね。

流行りのスイムベイトや羽根モノは、このタイミングで登場させればいいわけです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング