カナブン 写真

水面に落ちたカナブンをバスが襲う!小型の昆虫をイメージしたアプローチでバス釣りを楽しもう

FISHING JAPAN 編集部

カヤックでバス釣りをしていたら、水面でもがいている昆虫を見つけました。

緑色に輝くカナブンです。

最近ではずいぶんとその数が減少して、山の中でもあまり見かけなくなってしまいました。

夏のカナブンは樹液に集まる

夏になると、樹液を求めてカナブンが集まって来ます。

池や湖の岸辺にクヌギの木などがあれば、樹液を垂らす可能性は十分。

そこに集まる昆虫の中に、カナブンも混じっているわけです。

水面にカナブンが落ちる理由

クヌギめがけて飛んで来たカナブンが、水面で浮いているのは理由があるのでしょうか?

梅雨明けくらいのタイミングから、やたらと水面に落ちている姿を見かけます。

幼虫から成虫になったばかりで、飛び方を誤ったのでしょうか?

目線を上げると、鳥もひんぱんに飛び交っていますから、もしかすると鳥に襲われて落ちたのかもしれませんね。

カナブンの存在に気づくバスやギル

カナブンは、その輝く体とうごめく手足によって、水面ではとても目立っていますよ。

細かな波も起きているので、深場にいるバスでも気づいてしまうでしょう。

実際にカナブンをすぐに助け上げなければ、下からバスに引っ張られるようになります。

ギルもたくさん近寄ってきましたから、カヤックのオールを使って助け上げました。

トップウォータープラグでカナブンを演じる

釣り上げたバスの口の中から、カナブンが吐き出されたこともあります。

やはり水面でもがいてしまうと、バスの攻撃は避けられないのでしょう。

この時期に合わせて使うルアーとして、カラーや形を似せたトップウォータールアーがありますよ。

メガバス(Megabass) ルアー BEETLE-X HoverCrawl(ビートルXホバークロール)

メガバス(Megabass) ルアー BEETLE-X HoverCrawl(ビートルXホバークロール)

Amazonへ

楽天市場へ

HEDDON(ヘドン) ルアー タイニークレイジークローラーX0320GRA

HEDDON(ヘドン) ルアー タイニークレイジークローラーX0320GRA

参考価格:¥1,021

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

水面であまり移動せずに細かな波を発生させると、バスはかなり高い確率で興味を示します。

そのときに注意したいのが、できるかぎりコンパクトなフォルムに抑えるということ。

ビッグサイズのクローラーベイトでアプローチするのとは、少し次元が異なる気がします。

カナブンの繊細な動きを参考にして、キャストするルアーに命を吹き込んでみましょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング