ワーム 写真

ブラックバスをワームで釣りたい!どんな仕掛けが人気なのか徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

人気のワームが次々にリリースされますから、どれをどんなふうに使ってブラックバスを釣ればいいのか迷ってしまいますよね。

例えば、高比重フラット系ワーム。

最近流行りのこのワーム、どんな仕掛けにセットするのが効果的なのでしょう?

ワームを仕掛けにセットするときの注意点

ワームを仕掛けにセットするときに注意しておきたいことは、フックのサイズです。

ワームのボリュームに対して、フックが小さ過ぎても大き過ぎても、フッキングがうまくできない恐れがあります。

以前はワームの前半部分にフックの全長が収まっていればよい!と考えられていましたが、そんなカンタンなわけにはいかなくなってきました。

ブラックバスを確実に手にしたい!と願うなら、釣り場へ向かう前にワームとフックと取り出して、自分なりの仕掛け作りの練習をしておきたいものです。

試行錯誤の上、ベストバランスを見つけ出してから、釣りをおこなうようにしましょう。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム・スミス イモグラブ

しかもイモは黒が一番よく釣れる。(ナイショだよ!)
40では目立たず、60は脆く身切れしやすい。
ベストは50!ベイトでもキャストできるよ。

出典:amazon

ブラックバスをワームで釣るために、おすすめの仕掛けをご紹介します。

まずはこのイモグラブを使ったノーシンカーリグ。

これならかなり複雑で濃いカバーの中でも、しっかりと探ることができるでしょう。

引っ掛かりにくい!という要素が、ブラックバス釣りではとても有効なのです。

ストレスを感じずに、手返しよく攻めていきましょう。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム・一誠 キャラメルシャッド

同じくノーシンカーリグを使って、広範囲にエリアをチェックするのに向いているワームが、キャラメルシャッドです。

その自重だけでよく飛び、オフセットフックをセットしてリトリーブすれば、強めの引き波が発生する仕組みになっていますよ。

表面がキャラメルのように凸凹しているので、周辺の水が剥がされていくような状態になります。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム・ジャッカル フリックシェイク

ワームの中心部分にジグヘッドを引っ掛けるように装着する仕掛け、ジグヘッドワッキーで効果的なアクションを発生させるのが、このフリックシェイクです。

ブラックバスの目の前に落として、細かくロッドシェイクするだけで、反射的に食い付いてきますよ。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム・ジークラック ベローズギル

このベローズギルは、ボディ全体がリブで出来ているので、どんな仕掛けにもセットしやすいメリットがあります。

ダウンショットリグやネコリグ、ラバージグトレーラー、テキサスリグにフリーリグなど、どれでも十分に対応できるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング