ワーム 写真

エッジブレイカーは2019年新発売の二刀流で楽しめるクロー系ワーム!

FISHING JAPAN 編集部

2019年エバーグリーンから新発売のエッジブレイカーは、フリーリグなどの通常の使い方と、バックスライドフォールの使い方の二通りが可能な高比重ワームです。

まさに二刀流の使い方で、バスを攻略できるわけですね。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

エッジブレイカーの基本スペックはこちら!

エッジブレイカーは、バス釣りに効果的なクロー系ワームです。

サイズは3.6インチ=9.144センチで、自重は約12グラムもあります。

これならノーシンカーリグをベイトタックルで楽々キャストできてしまいますね。

エッジブレイカーはフラットボディ

このワームには、フラットなボディ形状が与えられています。

クローワームですからザリガニのイメージを持ってしまいますが、ここまで扁平なボディなら、ブルーギルのイメージとも被りますね。

どちらのイメージも、バス釣りにうまく活かせるでしょう。

テキサスリグやフリーリグにマッチ

エッジブレイカーをテキサスリグやフリーリグにセットして使うと、シャローカバーやウィードエリアを効率よくチェックできるでしょう。

まさにクローワームの独壇場、ザリガニがツメを立てて威嚇している雰囲気で、バスを誘ってみてください。

ノーシンカーリグのバックスライドフォールも得意

このワームにオフセットフックを逆付けすると、シンカーの要らないノーシンカーリグでオーバーハングなどを攻めることができます。

奥行きのあるポイントをバックスライドフォールでチェックするわけです。

潜んでいたビッグバスも、驚いて思わず口を使ってしまうに違いありません。

エッジブレイカーには、全部で12種類のカラーが用意されています。

人気のグリパンやスカッパノンの他に、シークレットチャートという2トーンのチャートカラーもありますよ。

バスが好むカラーを見つけ出して、二刀流で攻め立ててみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング