バス 写真

子バスが水面で遊んでいるのを見つけた!どんなルアーの動きに反応してくるか試してみよう

FISHING JAPAN 編集部

子バスが水面で群れるようになってきました。

特にエサとなるものが浮いているようには見えないのですが、折れ枝や枯れ葉のカケラに対しても、バイトする態度を見せています。

たぶん、狩り本番の予行演習ではないでしょうか。

子バスが水面に浮いているのを見つけた!

20センチに満たない子バスは、いつ生まれの個体なのでしょう。

明らかに若いので、さほど捕食に成功しているようには見えません。

それでも魚や虫を見つければ、勢いよく突進していきます。

これってルアーに対しても、同じようなリアクションを見せてくれるかもしれませんよ。

ルアーに対する子バスの反応を見てみよう!

もし自分のタックルボックスの中に、まだ釣ったことのないルアーが収められていたら、是非子バスで試してみましょう。

どんなアクションを加えれば、バスは近寄ってくるのか、それとも離れるのか、自分の目で確かめるチャンスです。

子バスは無防備・無警戒のケースがありますから、興味の赴くまま反応してくれるでしょう。

ルアーをローテーションしてみよう!

そういう子バスでも、いざバイトに至るか?となると、そのままのルアーでは難しい場合があります。

そんなとき、結んでいるルアーの何を変えればいいのか、実際に試してみましょう。

サイズや色を変えてみよう!

結んでいるルアーを小さくすればいいのか、それとも色を変えればいいのか。

形を丸くすればいいのか、細長くすればいいのか。

やるべき組み合わせは無数にあり、子バスの反応も毎回切り換わるでしょう。

でも必ずその中に、「これはいったい何だ?」と衝撃を受ける反応が出てくるはずです。

子バスの反応は、もしかするとビッグバスのそれにつながるかもしれません。

同じ種類の生き物ですから、接点が無いなどということのほうが考えられないのです。

水面に泡の残りやすいエリアを見つけたら、今後はそこで子バス探しをしてみてください。

そして納得のいくまでルアーをキャストしローテーションし、子バスの反応を観察できれば、これまでとは異なるバスへのアプローチが可能になるかもしれないのです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング