ルアー 写真

人気のワイルドハンチSRに2019年追加カラーが2種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

エバーグリーンからリリースされているシャロークランクベイト・ワイルドハンチSRに、2019年追加カラーが登場します。

シャローエリア攻略に有効なクランクベイトですから、どんなカラーがラインナップされるのか興味津々ですね。

その特徴や動画をピックアップしてみました。

ワイルドハンチSRってどんなクランクベイトなの?

ワイルドハンチSRは、バス釣り用に開発されたシャローランニング・クランクベイトです。

サイズは全長5.2センチで自重10.0グラム。

潜行深度は90センチ前後ですから、ボトムノックタイプというより中層をしっかりアクションしながら泳ぐタイプといえそうです。

ワイルドハンチSRには3Dハイパーリップデザインを採用

このクランクベイトには、3Dハイパーリップデザインが採用されています。

障害物を効率よく回避して、バスを集めるアクションを発生させる役割を担っていますよ。

接触を気にせずに、大胆にシャローエリアを攻めてみましょう。

低重心成型ウエイトを採用

ワイルドハンチSRには、重心移動システムを搭載していません。

低重心成型ウエイトを採用しているので、着水後の動き出しが良く、アクションにキレが発生します。

短い移動距離でも確実にバスに対してアピールできるので、バイトチャンスは拡大するでしょう。

フックに注目

このクランクベイトのフックに注目してください。

お腹側のフックのほうがテールフックより小さく、あまり振らないように設定されています。

掛かったバスをバレにくくするための工夫ですね。

ワイルドハンチSRには、2種類の追加カラーが用意されています。

●シトラスチャートカラー

●オリーブコパーシャッドカラー

どちらも水中でよく目立ち、バスの捕食本能を刺激してくれるでしょう。

シャローエリアのカバーやウィード周りを徹底して攻めてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング