アイテム 写真

リールスプラッシュガードBP-037Sは2019年新発売の各種リールを保護するアイテム!

FISHING JAPAN 編集部

シマノより2019年新発売となるリールスプラッシュガードBP-037Sは、釣りに使うリールを保護するためのアイテムです。

釣り場で受ける可能性のある衝撃や水飛沫から、大切なリールを守ってくれますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

リールスプラッシュガードBP-037Sってどんな保護アイテムなの?

リールスプラッシュガードBP-037Sは、各種リールを保護するためのアイテムです。

サイズは、16×22×12センチ。

スピニングリールなら4000番クラスまでなら、すっぽり収納できそうですね。

リールスプラッシュガードBP-037Sをリールの保管に活用

このアイテムには、両軸リールも収納できます。

丸型やロープロファイルの両軸リールなら、3000番クラスまでなら入りますよ。

釣り場へ持ち込む際や、予備リールの保管などに活用してみましょう。

素材はナイロン

リールスプラッシュガードBP-037Sの素材は、ナイロンで出来ています。

防水生地にシームテープ加工を採用しているので、水の内部への浸入を防いでくれるでしょう。

サビ防止はもちろん、余計な水分にリールを晒すことを防げます。

クッションによって耐衝撃性能を保持

このアイテムに収納しておけば、クッションが付いているので衝撃にも耐えられます。

釣り場ではさまざまな道具が存在していますから、接触などによってリールが破損する危険に晒されています。

それから守るためにも、保護アイテムは必要といえるでしょう。

リールスプラッシュガードBP-037Sには、全部で2種類のカラーがラインナップされています。

●ライムイエローカラー

●ブラックカラー

2019年の9月に発売予定、大切なリールの保護について真剣に考えてみませんか?

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング