ルアー 写真

ウンデッドスプークの2019年追加カラーで実際にバスを釣ってみた!

FISHING JAPAN 編集部

ウンデッドスプークに2019年追加カラーが登場しました。

その中のひとつ、YCDS=イエローコーチドッグカラーを使って実釣してみましたよ。

ウンデットスプークの使い方や効果的なアプローチをご紹介します。

ウンデッドスプークの基本スペック!

ウンデッドスプークは、ヘドンが製作したダブルスイッシャーです。

水面で操るトップウォータープラグですから、バスの豪快なバイトを目の当たりにすることができますよ。

約16グラムと軽量ですから、着水音を抑えてキャストすることが容易です。

ウンデッドスプークのペラ

このルアーは前後に金属製のペラが付いているので、しっかり回転させなければ!と考えている人が多いでしょう。

でも実際は、ペラに制動のお手伝いをしてもらう程度の感覚で操るほうが、バスの反応は良かったですよ。

ペラは回転させるべき?

ウンデッドスプークの前後のペラは、直ペラと呼ばれるタイプです。

派手に曲げられてデザインされておらず、少しひねっている状態で水面をつかみにかかります。

回り始めるのですが、すぐに止まる感じ。

最初に手にしたときは、もっとひねりを加えたほうがいいんじゃないか?という印象でした。

短い移動距離でバスを誘おう!

でも使っているうちに気づくのが、軽快に回転しないペラだからこそ、短い移動距離でバスを誘い出すことが可能だという点。

回転によって前進しようとする力が生まれますから、それを抑えるためにもこのセッティングが扱いやすく感じるようになりました。

ウンデッドスプークをキャストして、カバー周辺のピンポイントを探ります。

ペラが回転するギリギリのスピードでステディリトリーブするか、トゥイッチして水飛沫を上げては静止状態を作るか、状況を見ながらバスに誘いをかけていきます。

バスが追尾してきたらアクションを止めないほうがいいでしょう。

バスが少し離れたところに浮き上がってきたら、静止させてバスをUターンさせます。

バスが去って行く方向の先へウンデッドスプークをキャストし、トゥイッチしながら水飛沫を上げてみてください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング