ルアー 写真

モアザン ガルバストロングに2019年追加カラーが4種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のモアザン ガルバストロングに、2019年追加カラーが4種類ラインナップされます。

極小リップ付きのシンペンとして人気を博しているこのルアーに、新たな魅力が加わるわけです。

その特徴やカラーについてご紹介しましょう。

モアザン ガルバストロングってどんなシンペンなの?

モアザン ガルバストロングは、シーバスはもちろんシイラや青物をターゲットにしたシンペン=シンキングペンシルです。

サイズは、全長120ミリで自重45グラム。

潜行レンジは、水深20センチくらいまでにセッティングされています。

モアザン ガルバストロングには極小リップ付き

このシンペンには、極小のリップが付いています。

これには、潜らせるのではなくアンカーのような役割を持たせていて、流れや風に負けないようしっかりルアーを水中に留めておく効果が期待できます。

水面直下をトレースできるのも、このリップがあるからといえるでしょう。

磁着重心移動システムを搭載

モアザン ガルバストロングには、磁着重心移動システムを搭載しています。

大型のスチールボールが2個入った重心移動システムになっていて、ファットなボデイでもよく飛んでくれます。

着水後は、スムーズに重心を腹部に移動させて、磁力で保持するようになっていますよ。

多リブ構成による高強度ボディを採用

このシンペンは、多リブ構成による高強度ボディを採用しています。

シーバスはもちろん、シイラや青物などの大型魚が掛かっても耐えられる強度を保持していますよ。

太軸のダルマピンや大型#1サイズのトレブルフック、#4リングも強度アップに貢献しています。

モアザン ガルバストロングには、4種類のカラーが追加されました。

●トランスファイヤーコノシロ

●不夜城炎上

●ブルーファイヤーイナッ子

●フレイムパーティー

2019年7月に発売予定、ベイトフィッシュのサイズが上がる時期にジャストフィットしてくれそうですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング