リール 写真

ADMIRA 100H/XHは2019年新発売の軽さを追求した船釣り用小型両軸リール!

FISHING JAPAN 編集部

ADMIRA 100H/XHは、2019年ダイワから新発売される船釣り用小型軽量リールです。

リールの重量が軽ければ、ロッドワークに負担がかからなくなりますから、フッキングや仕掛けの操作にメリットがありますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

ADMIRA 100H/XHの基本スペックはこちら!

ADMIRA 100H/XHは、船釣りで活用するための小型両軸リールです。

その自重はなんと、135グラムしかありません。

この軽さなら、手首やヒジにかかる負担は軽減され、疲れ知らずの操作を船上でおこなえるでしょう。

ADMIRA 100H/XHのギア比やラインキャパ

100Hと100HLが、ギア比6.8の右・左巻きハンドルタイプ。

100XHと100XHLが、ギア比8.1の右・左巻きハンドルタイプになります。

ラインキャパはPEライン1号が200メートル、スプール径は30ミリです。

既存モデルと比較してコンパクトな設計

ADMIRA 100H/XHは、既存モデルと比べてコンパクトな設計になっています。

ロープロファイルなので、パーミングしたときに手のひらで包み込める状態になりますよ。

ホールド感は増しますし、手首がより自由に動かせるので、フッキングレスポンスの向上にもつながるでしょう。

エアメタルハウジングを採用

このリールのボディフレームとサイドプレートの材質には、マグネシウムを採用しています。

スプールを受けるセットプレート部分は金属で、軽いだけでなく剛性感やパワフルさも備えていますよ。

船釣りでは強い負荷がかかることがありますから、強いボディ仕様は嬉しいですね。

ADMIRA 100H/XHのハンドルは、長さ100ミリのハンドルアームにEVAノブが装着されています。

濡れた手で触れても滑りにくいEVAハンドルノブを使っているので、高い負荷でもスムーズな巻き上げが可能になります。

2019年8月に発売予定、軽いタックルバランスを得て釣りの展開を変えてみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング