ルアー 写真

バンタム パブロシャッド52SPは2019年新発売のダートアクションにキレのあるシャッドプラグ!

FISHING JAPAN 編集部

シマノより2019年新発売となるバンタム パブロシャッド52SPは、バス釣り用小型シャッドプラグです。

速くリトリーブしたときの安定感と、ジャークを入れたときのダートアクションのキレ味を兼ね備えていますよ。

その特徴をピックアップしてみました。

バンタム パブロシャッド52SPの基本スペックはこちら!

バンタム パブロシャッド52SPは、バス釣り用に作られた小型のシャッドプラグです。

サイズ設定は長さ52ミリで自重4グラムですから、浮きも沈みもしないサスペンド仕様になっていますよ。

4グラムだとベイトフィネスタックルでも投げられますが、飛距離を出したければやはりスピニングタックルで使うようにしましょう。

バンタム パブロシャッド52SPの潜行深度

このシャッドプラグは、潜行深度が約1.2メートルです。

ちょうどバスがクルーズする水深にかかっていて、水質によっては釣り人の姿には気づかれずに誘うことができるでしょう。

ステディリトリーブでサーチしながら、時おり止めてはバイトを待つのが効果的です。

ジャークアシストバランサーを搭載

バンタム パブロシャッド52SPには、ジャークアシストバランサーが搭載されています。

この機能により、リトリーブしている時は低重心で泳ぎを安定させますが、ロッドアクションを加えると重心が高くなります。

これでボディが横倒れし、キレのあるダートアクションを発生させるのです。

10番のトレブルフックを採用

このシャッドプラグには、トレブルフックが2つ標準装備されています。

サイズは10番、バスの口ならカンタンに吸い込んでくれるでしょう。

最近では10番サイズのトレブルフックにも、大物用の太軸タイプがリリースされ始めましたから、ビッグバス狙いなら交換して使うのも面白いかもしれません。

その場合、サスペンドセッティングに変化が表れるので、必ずチェックしてから実釣に使うようにしましょう。

バンタム パブロシャッド52SPには、計8種類のカラーが用意されています。

ベイトフィッシュのスクールを見つけたら、よく似たカラーを是非キャストしてみましょう。

2019年の9月に発売予定、秋のベイトフィッシュパターンで試してみたいですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング