ミノー 写真

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cは2019年新発売のシンキング小型ミノー!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノより新発売となるソアレ ライズショットフラット65S AR-Cは、ソルトゲームで活用するための小型ミノーです。

シンキングでAR-Cシステム搭載ですから、より遠くへキャストして一定層をトレースできますよ。

その詳しい特徴を見てみましょう。

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cの基本スペックはこちら!

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cは、ソルトゲームを楽しむための小型ミノーです。

サイズは、全長65ミリで自重6グラムになっています。

メバル・シーバスはもちろん、チヌ・カマス・メッキなどをターゲットにできるでしょう。

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cは扁平ボディを採用

このミノーは、小型のベイトフィッシュパターンを想定して作られています。

ヒラ打ちして強いフラッシング効果が出せるように、扁平ボディを採用していますよ。

側面がフラットですから、明滅効果も期待できますね。

大型のリップを搭載

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cは、大型のリップを搭載しています。

これにより水をしっかりつかんでレンジキープ力が高まりますし、細かいトゥイッチを入れると、大きくヒラを打って魚にアピールするようになっています。

ボディに対して大きなリップですから、既存のミノーとは異なるアクションが期待できますね。

狂鱗ホログラムカラーを採用

このミノーには、シマノオリジナルの狂鱗ホログラムカラーが採用されています。

狂鱗カラーは、リアルなウロコ模様が美しく再現されているカラーで、ベイトフィッシュが持つ生命感をしっかり表現できていますよ。

すでに他機種で採用されて実績のあるカラーですから、この小型ミノーの大きな強みとなるでしょう。

ソアレ ライズショットフラット65S AR-Cには、全部で10種類のカラーが用意されています。

ベイトフィッシュに似たものや、派手で集魚効果の高いものがラインナップされていますから、さまざまなシチュエーションで使えそうですね。

2019年8月に発売予定、夏から秋のカマス・メッキ狙いに活用してみてはいかがでしょう?

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング