ルアー 写真

バンタムBtスピンは2019年新発売のウォブリングアクションが得意なテールスピンルアー!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売となるバンタムBtスピンは、しっかりとアクションして泳ぐテールスピンルアーです。

最後尾のブレード回転による反射や水流に加えて、ボディそのものがウォブリングするように作られていますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

バンタムBtスピンの基本スペックはこちら!

バンタムBtスピンは、シンキングタイプのバス釣り用テールスピンルアーです。

ボディタイプは2機種、45ミリ14グラムと45ミリ18グラムから選ぶことができますよ。

シャローエリアのピンスポットをランガンしたいなら14グラムタイプを、遠投やディープゾーンサーチをしたいなら18グラムタイプをおすすめします。

バンタムBtスピンにはローリングスイベル付きのブレードを搭載

このルアーの最後尾には、ローリングスイベル付きのブレードが搭載されています。

着水してフォールする際、よく回転するように軽量化されていますよ。

通常リトリーブても集魚力を発揮してくれるでしょう。

ボディそのものがウォブリングアクションを起こす

バンタムBtスピンは、ボディそのものがウォブリングアクションを繰り出してくれます。

ウォブリングとは、上から見て左右にボディを揺らすアクションのこと。

本来テールスピンルアーは、ブレードが回転するだけのものが大半だったのですが、このルアーはブレードの効果+ウォブリングアクションでバスを引き寄せます。

縦・横方向に万遍なく探れる好アイテム

テールスピンルアーは、ステディリトリーブはもちろん、リフト&フォールの釣り方にもマッチします。

縦・横方向に万遍なく探れるので、バスに気づいてもらいやすいでしょう。

その結果バイト数は向上し、ゲットできるバスの数も増えることになります。

バンタムBtスピンには、全部で8種類のカラーがラインナップされています。

膨張色からベイトフィッシュそっくりの色まで、豊富に揃っていますよ。

2019年8月に発売予定、オカッパリでもボートからでも数多くのバスを連れ帰ってくれるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング