ロッド 写真

ステファーノ攻S180は2019年新発売の船釣りカワハギ専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売のステファーノ攻S180は、船釣りカハワギ専用ロッドです。

活性の上がらないカワハギを攻略するための工夫が、盛り込まれていますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

ステファーノ攻S180ってどんなロッドなの?

ステファーノ攻S180は、カワハギ釣りを楽しむための専用ロッドです。

ワン&ハーフの2ピース構造で全長1.80メートル、仕舞寸法は146.0センチですね。

自重は76グラムと軽量ですから、繊細な操作を続けるのに適しているでしょう。

ステファーノ攻S180にはスバイラルXコアを採用

このロッドのブランクスには、スバイラルXコアが採用されています。

これは曲げ・ネジレ・つぶれなど、あらゆるロッドの変化に対して、高強度化を追求したブランクスです。

基本構造のスパイラルXに、ナノアロイ・テクノロジーによって実現した高強度樹脂のカーボンテープを採用し強度を高めています。

カーボンモノコックグリップを搭載

ステファーノ攻S180のロッドグリップ部分を見てください。

カーボンモノコックグリップを採用し、カーボン素材の一体成型+中空構造によって軽さを追求しています。

高い感度も、このグリップの効果によるものです。

カーボンソリッド穂先・タフテックαで感度アップ

このロッドの穂先は、カーボンソリッド穂先・タフテックαを搭載しています。

シマノの従来ソリッド穂先と比較すると、巻き込み強度で3倍、巻き込み量は5倍増えています。

しなやかさと強さを兼ね備えた高感度穂先といえるでしょう。

ステファーノ攻S180の穂先部分には、チタン素材のXガイドを採用しています。

軽量コンパクトで高感度を実現し、仕掛け投入時のライントラブルも防いでくれますよ。

2019年8月に発売予定、フィッティングサポートCI4+リールシートでパーミング性能も優れています。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング