クーラー 写真

釣りのクーラーボックス特集!どんなサイズ・機能のクーラーボックスを選べばいいか徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

釣りで使うクーラーボックスは、種類が豊富です。

いったいどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

大型だとたくさん冷やせるけれど、場所を取りますし重くなりそうです。

小型だと持ち運びが楽そうですが、肝心の冷やすものを少ししか保管できません。

中型なら丁度いい感じに使えるのでしょうか?

釣り用クーラーボックスの断熱材の種類

釣り用のクーラーボックスは、装備している機能にも注目したほうがいいでしょう。

例えば、断熱材。

これは保冷力に直結していて、発泡スチロール→発泡ウレタン→真空パネルの順に効果が高くなりますが、価格も跳ね上がっていきますよ。

コスパも考慮しながら、より良い釣り用クーラーボックスを選びたいものです。

大型サイズの釣り用クーラーボックス

保冷力は十分です。
買ってすぐに行った船釣りで80cm弱のワラサが釣れ、大活躍しました。
高い買い物ですが、保冷力が良くないと氷の持ちも悪くなるので奮発して買いました。
満足しています。

出典:amazon

釣具メーカー・シマノの大型サイズのクーラーボックスです。

保冷力の高い真空パネルを3面に使い、容量は60リットルを誇りますから、大型の青物でもカンタンに収納できてしまいますよ。

夏の厳しい暑さの中でも、しっかりと冷やしてくれるのは有難いですね。

ただし、重量は物を入れない状態で9.8キロありますから、結構な重さになってしまうのは否めません。

使用目的を絞って活用することをおすすめします。

中型サイズの釣り用クーラーボックス

大きさも丁度よく、それほど重くないので磯釣りや堤防釣りなど幅広く利用できると思います。

出典:amazon

容量25リットル程度なら、中型のクーラーボックスとして釣りに活用しやすいでしょう。

断熱材には、発泡スチロールを使用しています。

さほど保冷力は高くありませんが、氷の解け具合を確認しながら持ち帰れば問題はないでしょう。

自重4.3キロですから、クルマの荷台に積み込むくらいなら楽々対処できますよ。

ただし、キャスターなどの便利パーツは充実していませんから、長い距離を持ち運ぶのは避けたほうがいいかもしれません。

小型サイズの釣り用クーラーボックス

軽くて、コンパクト。色が爽やかで、可愛らしいです。保冷性は、あまり期待出来ない・・・氷を容れて、7時間持つかなと言う感じです。

出典:amazon

小型のクーラーボックスは、やはり少ない量しか入れることができません。

これに使われている断熱材は、発泡スチロールですから、保冷力もあまり期待できないでしょう。

重量は1.4キロと軽いので、持ち運びは便利です。

自宅近辺のライトソルトゲームなどに活用すれば、じゅうぶん機能するでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング