ワーム 写真

HPバグは2019年新発売の思わずバスがバイトしてしまう万能フィネスワーム!

FISHING JAPAN 編集部

O.S.Pから2019年8月に新発売されるHPバグは、バスのいそうなところへキャストするだけで釣れてしまう、フィネスワームです。

虫系とひと括りにするのではなく、ルアーとしての十分な強さを纏った新作といえるでしょう。

その詳しい特徴をピックアップしてみました。

HPバグの基本スペックはこちら!

HPバグは、複数のレッグ+アームパーツを持ったフィネスワーム、すなわち食わせ要素の強いアイテムです。

サイズは1.5インチ=3.81センチと小型で、それ故にキャスタビリティや存在感が問われるデザインといえるでしょう。

HPバグのフックセッティング

このワームのフックセッティングを、詳しくイラストで表示しています。

実は新しいデザインのワームほど、どのようにしてフックをセットするのが正解なのか、ユーザーはすごく頭を悩ませるものなのです。

スペックの説明よりも優先すべきなのは、まさにこのひと手間なのです。

ワーム後半部の膨らみに注目

各種フックが、ワームのどの位置に刺して、ハリ先をどこに埋めればいいのか、一目瞭然ですよね。

この配慮こそ、このメーカーがバスアングラーから長く支持される理由のひとつでしょう。

ワームの後半部にかけて膨らみを帯びていることが、キャスタビリティの良さを物語っています。

HPバグの最後尾に注目してください。

小さな羽根のような突起が左右側面から突き出しています。

これはスタビライザーの役割を果たしていて、例えばノーシンカーリグをフリーフォールさせる際の、後半部が下に向いてしまう姿勢を制御します。

つまり、水平姿勢を保ちながらフォールするわけです。

バスが何に対してバイトしようとするか、明確に理解している証しですね。

ボディの断面が円ではなくスクエア

HPバグは、円筒ボディではありません。

正面から見て、スクエアな断面にデザインされています。

当然その四隅に至る部分のボリュームが、円断面よりアップするわけで、重量の必然的なアップにつながるでしょう。

高いキャスタビリティは、こういう工夫によって達成されたもので、使ってみたい!という気持ちにさせてくれる要因をしっかりと作り出しています。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング