バス ルアー 写真

ルアーフィッシング入門!バス釣りを知識ゼロから始めてみよう

FISHING JAPAN 編集部

ルアーフィッシングの印象を聞いてみると、「全然釣れない釣り方なんでしょ?」という反応が返ってきます。

「大体ルアーなんてエサじゃないんだから、そんなものに食い付く魚がいるわけないよ。」

確かに一理あります。

でもそれなら何故、ルアーフィッシングはここまで広がりを見せ、多くの愛好家たちがいるのでしょう?

エサを食べる

魚はエサを食べているんだから、そのエサを使わない釣り方で釣れるわけがない!という考え方。

間違ってはいませんよね。

この考え方ではエサは絶対的な存在のようですが、実は魚というのは、いや分かりやすくバスに絞ってみましょう。

バスという魚は、エサを食べるためだけに口を使うのではありません。

その歴然たる事実を、まず知っておいてもらいたいのです。

バスは興味を持った対象に近づく

バスは、興味を持った対象に対して、近づく習性があります。

対象から距離をおいて止まることができればいいのですが、強く興味を抱くと抑えが効きません。

いつも立ち止まっている停止線より、バスはもっと近くに踏み入ってしまうのです。

バスは口で触れる

そうするとどうなるのでしょう?

人間が手を出すのと同じように、バスも対象物に触れてしまいます。

ただし、バスには手がありませんから、手の代わりに口で触れてしまうのです。

これがよく耳にする反射食い=リアクションバイトですね。

ルアーフィッシングの出発点

ルアーフィッシングは、エサ釣りの延長ではありません。

むしろ、エサでは口を使おうとしなかったバスを、なんとかしてバイトに持ち込もうとするアプローチが、ルアーフィッシングです。

そこに釣りの可能性を見い出せるからこそ、ルアーフィッシングを楽しもうとする人々が、後を絶たないのです。

ルアーフィッシングの楽しみ方

ルアーを素早く引っ張って、泳がせてみてください。

逆に止まる一歩手前のゆっくりしたスピードで、泳がせてみてください。

このたった2種類の泳がせ方を実行するだけでも、バスが釣れてしまいますよ。

もし釣れなかったら、ちょうど中間のスピードも試してみてください。

それで釣れなかったら、別のルアーに交換してください。

ルアーの色を変えてください。

ルアーの大きさを変えてください。

これだけのことを実行するだけでも、一日が過ぎてしまいそうですよね。

これがルアーフィッシングの楽しみ方、エサを食べるという食性だけに頼らないアプローチの本質なのです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング