Go-phish メバリング ライトゲーム

【新旧融合】今、のべ竿メバリングが熱い!!のべ竿だからできる効果的なアプローチとは!?

FISHING JAPAN 編集部

寒い時期でもアタリが多く、釣り人を癒やしてくれるライトゲーム!

メバルやガシラをメインターゲットとして、釣りに行かれてる方も多い季節かと思います。

そんな中で新しいスタイルがじわじわと人気になってきているので、ご紹介します!

使用タックルは『のべ竿』

のべ竿と聞くと、近所の川でハエやムツを釣っていた頃を思い出す方もいるかと思いますが、最近はメバリングをのべ竿でされている方が増えています。

「楽しくてのべ竿を使っている!」

もちろんこの気持ちも大きいですが、それ以上にのべ竿だからアプローチができることがある!ということを解説します!

手返しがいい!

夜にライト周りで釣りをされたことがある方は経験があると思います。

投げて誘っても結局足元で釣れるというのはライトの周りにプランクトンが集まり、そこに魚が寄っているということです。

また魚が何かを捕食する際に岸壁の壁に追い詰めることができ、岸壁際で明暗の境目ができるなどの条件によるものです。

そのため、足元で釣れるならのべ竿の方が早いじゃないのかという理由です。

リールも巻かなくてもいいですし、竿をあげれば魚がとれて、そのままキャスト!

とてもスムーズです!

足元のストラクチャーをダイレクトに攻めることができる!

例えば画像のような石畳のエリア。

なんといっても、魚が一番潜んているのは、石の間や石畳の切れ目です。

そのため足元まできっちりと引いてこなければいけません。

このような状況だとルアーロッドでは根がかりが多くなったり、釣り残しがどうしても出てきます。

ここでのべ竿を使うとこの釣り残したエリアの魚にうまくアプローチすることができ、しかも根がかり少ないんです。

Go-phishの「Slow Time I'm happy」

現在のべ竿メバリングを提唱しているのはGo-phishの武田栄氏です。

Go-phishから発売されているのが、のべ竿「Slow Time I'm happy」。

人と違った切り口や商品に対してフットワークが軽いからこそ出せる商品です。

アクションとしてはハエ竿のように少し張りがあるので、ルアーのアクションもしやすい。

かわいいデザインも魅力的ですね!

ルアーロッドとは少し違う楽しみ方ができるのべ竿メバリング!

のべ竿はアジングにも使えます!!

この機会にのべ竿でダイレクトな引きを楽しんでみるのもいいかもしれませんね!

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング