虫 写真

虫系ルアーで夏バスを釣ろう!おすすめ虫そっくりルアーを使った攻略法

FISHING JAPAN 編集部

夏が近づくにつれて、池や湖の周りでは虫の鳴き声が響くようになってきました。

羽根付きですから、光源やエサ場に向かって飛んで移動するケースが多くなります。

その際に力尽きたのか、それとも着地を失敗して足を滑らせたのか、水面に落ちてしまう虫がひんぱんに発生しますよ。

水面でもがき続ければ、バスに襲われるのは時間の問題でしょう。

虫が大量に発生する時期ならではのアプローチ

虫が大量に発生する時期に、虫パターンというバス釣りアプローチが盛んになります。

虫そっくりに作られたルアーを水面でアクションさせるのですが、大きなデメリットがひとつ。

一般的な虫系ルアーは軽くて小さ過ぎるので、ロングキャストが難しいのです。

十分に比重の高いものでなければ、広範囲に探れなかったり、精度の高いキャストが難しくなったりしますよ。

そこを解決しなければ、虫パターンで押しまくる釣りは難しいかもしれませんね。

ジャッカルのバグドッグなら精度の高いロングキャストが可能

2019年にリリースされたジャッカルのバグドッグは、そういったキャストの悩みを一気に解消してくれた逸品です。

細かなシェイクでアクションを与えるのではなく、基本ノーアクションのポーズでバスが食い付いてきますよ。

水面のラインが水を叩いたりする要素を排除できるので、釣れる確率がアップしたのでしょう。

虫パターンをより高い次元に昇華させた、メーカーの努力の賜物といえますね。

スティーズポッパー50Fで虫の動きを演出

着水したその場に静止できるという意味では、超小型のポッパーも虫パターンを実践できるルアーのひとつでしょう。

ダイワのスティーズポッパー50Fは、キャスタビリティに優れていて、なおかつ移動距離を短く刻みながらバスを誘うことができます。

カラーを虫っぽいものにすれば、手足パーツが付いていなくても十分有効ですよね。

虫パターンの釣りを始めたいならデュオのレアリス忍虫で

虫パターンに使うルアーなら、ワームは外せません。

しっかりと水に絡ませながら、水面でもがく虫の動きを演出してみましょう。

このワームはよく飛びますし、手足パーツも柔軟に動いてくれますから、虫パターン初心者の人でも使いこなせますよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング