ワーム 写真

スティーズ ハイドロカーリーはウィードの生えているエリアを探るのに最適なカーリーテールワーム!

FISHING JAPAN 編集部

スティーズ ハイドロカーリーは、ダイワからリリースされているカーリーテールワームです。

ボディ全体に付いているマイクロハンドも、インパクトの強い要素ですよね。

わずかな水流でもしっかり動いてくれる、頼もしい工夫といえるでしょう。

スティーズ ハイドロカーリーの基本スペックをチェック!

スティーズ ハイドロカーリーは、バス釣りを楽しむために作られたワームです。

サイズは2種類用意されていて、3.6インチと7.1インチから選べますよ。

ほぼ倍の長さに設定されているので、釣り場のシチュエーションで使い分けができそうですね。

スティーズ ハイドロカーリーの3.6インチ

このワームの3.6インチのほうは、オールラウンドにどのポイントにも真っ先にキャストできるでしょう。

ひと口サイズでバイトが取りやすいですし、小振りなボリュームからカバーやストラクチャーの変化に引っ掛かりにくい特徴があります。

マイクロハンドとカーリーテールで変化の存在は手元に伝わってきますから、その情報を頼りに次のアプローチを考えることができますよ。

7.1インチの使い方

スティーズ ハイドロカーリーの7.1インチのほうは、夏場に伸びるウィード群を攻略するのに向いているでしょう。

長く水面まで伸びたウィードの林の中で、しっかりとバスにアピールするには、ボリュームアップはもちろん、カーリーテールが起こす波動がキモになります。

強めの水押しができることで、バスが引き寄せられるわけです。

カーリーテールワームといえば・・・

カーリーテールワームといえば、アメリカ発のオールドモデルにギドスリンガーという名作が存在しました。

当然マイクロハンドといった最新技術は搭載されていませんでしたが、サイズ設定が豊富であらゆるシチュエーションに対応できたのを覚えています。

スティーズ ハイドロカーリーにも、もっと長いモデルが追加リリースされることを望むアングラーは多いかもしれませんね。

スティーズ ハイドロカーリーには、全部で8種類のカラーが用意されています。

ラメなし単色系、例えば白色や黒色も、追加カラーとして加えて欲しいですよね。

そろそろウィードが伸びてきましたから、活躍の場が増えるのは間違いなさそうです!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング