ルアー 写真

自分の好みのルアーでバスを釣ってみよう!情報に左右されないルアーの選び方

FISHING JAPAN 編集部

ほぼ毎日のように新しいルアーが登場し、スマホを開けばその情報が掲載されています。

興味深いものばかりで、つい手の伸ばしてしまいがちですが、ちょっと待ってください。

まだバスを1匹の釣っていないルアーが、あなたのタックルボックスに眠っていませんか?

ルアー選びは難しい

数多くのルアーの中からひとつのルアーだけ選ぶのは、とても困難なことでしょう。

そこで考えて欲しいのは、自分にとってそのルアーはどういう価値を持っているのかということ。

「欲しくなったから買ったんだよ。」

それではキリがありませんよね。

ルアーは釣るための道具にすぎない

ルアーを所有する満足感は確かにあるでしょう。

でもルアーって、魚を釣るための道具だったはず。

シンプルにバスを連れ帰ってくれるルアーを絞り込めば、さほど多くはないはずです。

釣れるルアーに注目

釣れるルアーを自分の好みのルアーとして認識することで、ルアー選びに迷いは生じなくなるでしょう。

釣れそうだ!と確信の持てないルアーは、タックルボックスに入れる必要もないのではないでしょうか。

一旦そういう取り決めを自分の中で作り上げることができれば、とりあえず迷うことからは解放されるかもしれませんね。

自分にとっての釣れるルアーとは?

そこでもう一歩踏み込んでみましょう。

自分にとって釣れるルアーとは何なのか?

それは過去に実績を上げたことのあるルアーでしょう。

またそれの色違いや、それに似たルアーも候補に挙げることができるでしょう。

同じ色で別の要素を持ったルアーも、自分好みの候補としては納得できるのではないでしょうか。

同じデザインで、サイズの違うルアーもありかもしれませんね。

釣り場でも迷いなく使いこなしたいと考えるなら、こういったイメージのつながるものを結んで、キャストしてみることをおすすめします。

そして確実に、バスに触れる経験を重ねてください。

その経験値が、これからのあなたのルアー選びにも明確な影響を与えてくれるはずですから。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング