枝 写真

乾燥した細い枝のカバーを見つけたらクランクベイトで直撃しよう!ビッグバス狙いのアプローチ

FISHING JAPAN 編集部

ずいぶん以前に朽ち折れて水没した枝を、釣り場で見つけることがあります。

細くて乾燥している状態なら、テキサスリグなどのワームを放り込む前にやるべきことが。

ビッグバスにターゲットを絞ったカバーアプローチをご紹介しましょう。

沈むか浮くか

バスは、ロックオンした対象が、そこから沈むか浮き上がるかで反応が変わることがあります。

どちらでもバイトはしてくるのですが、急に進行を止めて浮き上がるもの対し、反射的に食い付いてしまう習性が見られるのです。

いわゆるリアクションバイトを誘発できるわけで、ビッグバス攻略には欠かせないアプローチといえるでしょう。

バスが沈む対象物を見失うケースも

ワームのテキサスリグはカバーに引っ掛かりにくいですが、どうしても沈んでしまいますよね。

バスが沈んでいく対象を追いかけてバイトする確率は、さほど高くはないのです。

特にサスペンドしているビッグバスは、自分の目線より下のものを見失うことがあるようです。

その場で浮き上がれるクランクベイト

逆に浮力の高いルアー、例えば空気室の大きいクランクベイトなら、リトリーブを止めた時点で急速に浮き上がることができます。

その止める合図を、乾燥した細い枝に任せればいいわけです。

乾燥していればカンタンに折れますから、クランクベイトが引っ掛かってしまう確率を下げてアプローチできますよ。

おすすめのクランクベイトをチェック

おすすめのクランクベイトをご紹介しましょう。

移動距離が短い中で、数多くの振幅を繰り返せるクランクベイトは、O.S.Pのブリッツシリーズです。

カバーの濃さに合わせて、ノーマルサイズかタイニーサイズかを選択すればいいでしょう。

リップが頑丈なクランクベイトなら、カバーに強く当てても安心して操作することが可能です。

ラパラのBXブラットは、カバー回避能力が高くて抜群の浮力とアクションを持っていますよ。

大胆に細い枝の中へ突入させて、浮き上がらせてみてください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング