魚 写真

人気のチニングロッド・シルバーウルフに2019年追加モデル登場!4ピースの76ML-S-4

FISHING JAPAN 編集部

ダイワより発売中のチニングロッド・シルバーウルフに、2019年追加モデルが登場します。

4ピース仕様のオールラウンダー・76ML-S-4です。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

シルバーウルフってどんなロッドなの?

シルバーウルフは、チニングゲームを楽しむためのスピニングロッドです。

既存モデルは全て2ピース、7.3フィートから7.10フィートまでの4本がラインナップされていますよ。

気難しいチヌに口を使わせるための工夫が、各ロッドに盛り込まれています。

シルバーウルフの追加モデル・76ML-S-4

2019年に追加登場するモデルは、品名・76ML-S-4です。

全長7.6フィートで自重100グラム、仕舞寸法はなんと63センチしかありません。

つまり4ピースに分かれる仕様のため、極めて携帯性に優れているロッドなのです。

ティップにメガトップを採用

シルバーウルフ76ML-S-4は、ティップにメガトップを採用しています。

繊細で食い込みの良い曲がりを実現、その先径は0.8ミリで、元径は10.7ミリとなっています。

適合ルアーは、4グラムから18グラム。

適合PEラインは、0.2号から1.0号までに設定されています。

ブランクスにはHVFカーボンを採用

このロッドのブランクスには、HVFカーボンを採用しています。

カーボン繊維をまとめる接着剤=レジンの量を減らして、その代わりにカーボン繊維の密度を高めていますよ。

より筋肉質でパワフルな強さと粘りを実現しています。

シルバーウルフ76ML-S-4は、カーボン含有率が86パーセントです。

メーカー希望販売価格は、税別25,500円とコスパ優秀に仕上がっていますよ。

2019年7月にリリース予定、デイパックやカバンに忍ばせて、旅行のお供に持参してみてはいかがでしょう?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング